So-net無料ブログ作成

「鶏レバーペースト」で一杯! [グルメ]

DSC_3944.jpg













DSC_3959.jpg

この日は、池袋西口にある“やきとんひなた池袋西口店”にお邪魔しました。









DSC_3925.jpg

まずは、「黒ホッピー割り」で乾杯です。









DSC_3926.jpg

肴は、「がつと豆もやしのナムル」です。









DSC_3928.jpg

“豆もやし”のシャキッとした食感と“がつ”のコリッとした食感の相乗効果で美味しさ倍増ですね。










DSC_3954.jpg

「やきとん盛り合わせ、6本」を味噌味でお願いしました。








DSC_3930.jpg

まずは「レバー」、ここのレバーは中がトロッとして美味しいです。








DSC_3931.jpg

「タン」、コリッと美味しいです。

3本まとめて到着です。









DSC_3932.jpg

左から、「ハラミ」、「シロ」、「チレ」、それぞれ違った食感が楽しいです。









DSC_3934.jpg

最後に「カシラ」、旨いです!
それぞれの味が楽しめて、噛みごたえも十分です。









DSC_3939.jpg

そして定番の「鶏レバーペースト、バケット付き」です。








DSC_3941.jpg


DSC_3947.jpg

鶏のレバーペーストとマーマレードは合いますね。









DSC_3950.jpg

バケットは追加してしまいました。









DSC_3940.jpg

マーマレードの追加もできれば良いのに・・・。

久しぶりの「レバぺ」、堪能しました。








DSC_3948.jpg

飲み物は、「金宮チューハイ」です。
割る炭酸は、葛飾区の野中食品工業の“Drink Nippon”ブランドの炭酸です。
しっかりとした炭酸が金宮焼酎と合いますね。

今宵も満足!








DSC_3957.jpg

ご馳走様でした。


nice!(60)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

「自家製塩麹漬けホタテのヒモ」で一杯! [グルメ]

RIMG7196.jpg












RIMG7170.jpg

この日は、東武東上線ときわ台駅南口近くの、酒と醸し料理“BY”にお邪魔しました。

お酒は、三重県和歌山県特集です。








RIMG7173.jpg

そこで、この日は早速日本酒、三重県伊賀市の若戎酒造「義左衛門 純米吟醸 60%精米」で乾杯です。








RIMG7172.jpg

香りは控え目で、ドライな飲み口のお酒です。

肴は、おつまみ小鉢三品セット。








RIMG7175.jpg

一品目は、「ブロッコリーと人参の特製ゴマだれかけ」です。








RIMG7177.jpg

香ばしいゴマだれが野菜に合って、美味しいです。








RIMG7181.jpg

二品目は、「豚肉と茄子の醤油麹甘辛煮」です。
豚肉は柔らかく、味付けもちょうどよく、お酒が進みます。








RIMG7185.jpg

そこで、和歌山県海南市の名手酒造「黒牛 純米吟醸 雄町 50%精米」です。








RIMG7184.jpg

雄町らしく酸味を感じて消えていきます。









RIMG7187.jpg

三品目は、「茹でイカと生ワカメの酢の物」です。








RIMG7188.jpg

スッキリ、サッパリとお酢が利いていて美味しいです。








RIMG7189.jpg

次は、奈良県葛城市の梅乃宿酒造「梅乃宿 純米吟醸 UK-TONE 透音(とおん) 山田錦60%精米」です。









RIMG7193.jpg

「自家製塩麹漬けホタテのヒモ」です。







RIMG7194.jpg

サキイカのようなホタテのヒモですが、噛みごたえは柔らかいです。








RIMG7195.jpg

麹が旨いです。








RIMG7200.jpg

和歌山県海南市の平和酒造「紀土 純米酒 あがらの 山廃生原酒 山田錦80%精米」です。








RIMG7199.jpg

山廃らしく酸味の利いた力強い味わい、トロッとした喉ごしが美味しいです。
「あがらの」は麹に合うお酒でした。









RIMG7203.jpg

宮崎県児湯郡木城町の尾鈴山 蒸留所、麦焼酎「山猿」のオンザロックです。









RIMG7202.jpg

飲みながら食べるデザートは、BYの「かたいプリン」です。









RIMG7207.jpg

ツルッとしていない表面が良いですね。









RIMG7208.jpg

スプーンを入れると、カラメルが表面に浮き出てきます。









RIMG7210.jpg

濃厚で甘く、しっかりとした食感の美味しいプリンです。








RIMG7211.jpg

もちろん完食!

ご馳走様でした。



nice!(69)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

「新じゃがの素揚げ」で一杯! [グルメ]

RIMG7151.jpg














RIMG7117.jpg

この日は、池袋駅東口にある“万事快調”にお邪魔しました。









RIMG7118.jpg

まずは、“本日の10タップ”から、最初のビールを選びます。









RIMG7120.jpg

栃木県下野市のうしとらブルワリー「白衣の天使IPA」です。
小麦を使っているそうで、白く濁らせています。
だから、“白衣の天使”?かどうかは分かりませんが、フルーティーな味わいですが、すぐにIPAらしい苦味がくるビールです。










RIMG7122.jpg

お通しは、「煮豆」です。










RIMG7128.jpg

肴は、「こごみの胡麻酢」です。









RIMG7135.jpg

芳ばしく甘酸っぱい胡麻酢に、こごみのシャキッとした口当たりが良いですね。
この胡麻酢をなめているだけで肴になりますね。









RIMG7143.jpg

底にたまっている出汁と合わせると、胡麻酢の旨さが倍増です。









RIMG7123.jpg

「松川鰈の昆布〆」です。









RIMG7126.jpg

昆布の旨味を纏って、鰈が美味しくなっています。









RIMG7132.jpg

昆布〆のネットリとした食感が良いですね。









RIMG7131.jpg

エンガワはコリッとした食感もあって美味しいです!










RIMG7136.jpg

お酒は、石川県珠洲市の宗玄酒造「宗玄 純米 八反錦55%精米 無濾過生原酒」の冷酒です。










RIMG7139.jpg

もう一つ、「宗玄 山田錦55%精米 無濾過生原酒」の冷酒もいただきました。









RIMG7150.jpg

「新じゃがの素揚げ」です。









RIMG7146.jpg


RIMG7145.jpg

ホクホクとした中にも、瑞々しさがあります。








RIMG7153.jpg

塩が新じゃがの甘さを引き立てています。










RIMG7154.jpg

香川県仲多度津郡琴平町の丸尾本店「悦凱陣 讃州雄町65%精米 無濾過純米」の常温です。









RIMG7157.jpg

さらに神奈川県足柄上郡山北町の川西屋酒造「丹澤山 山廃純米 凜峰 生原酒 備前雄町60%精米」の常温です。








RIMG7161.jpg

肴は「豚バラ 一夜干し」です。









RIMG7163.jpg

この日の一夜干しは、カリカリに近い焼き加減で、カリッとした食感とともに楽しめました。








RIMG7167.jpg

粒入りマスタードをつけて食べると最高です。
お酒が進みますね。








RIMG7169.jpg

そこで、鳥取権西伯郡伯耆町のめくざくら大山ブルワリー「大山Gビール プレミアムアンバーラガー5%」です。

ちょっと飲み過ぎ!?








RIMG7116.jpg

ご馳走様でした。

nice!(76)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

「肉味噌キムチ冷奴」で一杯! [グルメ]

RIMG7075.jpg













RIMG7114.jpg

この日は、池袋東口にある“酒蔵 力”にお邪魔しました。








RIMG7068.jpg

まずは、「黒ホッピー割り」で乾杯です。








RIMG7069.jpg

お通しは、「小女子とカシューナッツの飴だき」と「こんにゃくの煮付け」です。








RIMG7071.jpg

肴は、旬の「谷中生姜」です。







RIMG7079.jpg

生姜のピリッとした辛さが味噌でマイルドになります。








RIMG7073.jpg

ピリ辛なので酒が進みます。









RIMG7078.jpg

「肉味噌キムチ冷奴」です。








RIMG7077.jpg


RIMG7076.jpg

シンプルな冷奴なので、乗せる具材は結構ありますね。









RIMG7081.jpg

キムチとは合いますね。









RIMG7085.jpg

肉味噌と冷奴ももちろん合います。









RIMG7090.jpg

ここで串焼きです。









RIMG7092.jpg

「白もつ」と









RIMG7091.jpg

「トロかしらねぎま」です。









RIMG7095.jpg

「白モツ」のゴリッとした歯応えが良いですね。









RIMG7096.jpg

「トロかしら」の脂身がたまりません。








RIMG7097.jpg

飲み物は、「酎ハイ」にチェンジです。









RIMG7098.jpg

「骨ボール、ニンニク醤油」です。









RIMG7109.jpg

軟骨のコリコリとした歯応えが最高です。









RIMG7112.jpg

辛子をつけるとピリッ辛く美味しいです。








RIMG7115.jpg

ご馳走様でした。


nice!(74)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

「アスパラ黒豚巻き」で一杯! [グルメ]

RIMG7046.jpg











この日は、地元にある居酒屋“日本海庄や”にお邪魔しました。







RIMG7037.jpg

まずは、「黒ホッピー割り」で喉を潤します。







RIMG7038.jpg

お通しは、「ホタルイカの辛子酢味噌和え」です。
“皐月 旬のおすすめ”にもありましたが、お通しに出てきました。









RIMG7035.jpg

そのおすすめから・・・







RIMG7039.jpg

「旬穴子の二種盛り」です。







RIMG7044.jpg

“蒲焼き”と






RIMG7042.jpg

“白焼き”です。








RIMG7050.jpg

白焼きのしっかりとした食感が良いですね。
塩がスッキリとして旨いですが…







RIMG7053.jpg

山葵ももちろん合いますね。








RIMG7051.jpg

ふっくらとして、甘みのタレがついた蒲焼きには山葵が合いますね。







RIMG7045.jpg

さらに、“皐月 旬のおすすめ”から、「アスパラ黒豚巻き」です。







RIMG7047.jpg

アスパラの甘みと黒豚の旨みのバランスが良いですね。







RIMG7055.jpg

歯ごたえも楽しめる美味しい肴です。







RIMG7056.jpg

「九条葱餃子」です。







RIMG7065.jpg

葱のシャキシャキとした歯応えが美味しいです。








RIMG7061.jpg

柚子胡椒も味を引き立てています。







RIMG7060.jpg

飲み物は、「宝焼酎ハイボール」です。

ご馳走様でした。

nice!(75)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

「ホタルイカのパスタ」で一杯! [グルメ]

RIMG7027.jpg













RIMG7008.jpg

この日は、東武東上線上板橋駅北口近くのワインバー“すしやあづまニカイ”にお邪魔しました。









RIMG7009.jpg

まずは、「カールスバーグ」の生ビールで乾杯です。









RIMG7010.jpg

お通しは、「バケット」、塩入りのオリーブオイルでいただきます。









RIMG7015.jpg

肴は、「生ハムサラミの盛り合わせ」のハーフサイズです。









RIMG7012.jpg

RIMG7013.jpg

これで一人前、普通盛りでは2~3人前です。


ここで白ワインです。








RIMG7016.jpg

「ボルゴ・スコペート」、シャルドネ85%、ゲヴェルツトラミネール15%のワインです。










RIMG7019.jpg

さらに、「ピエロ・マンチーニ」、ヴェルメンティーノ100%のワインです。









RIMG7024.jpg

メインは、「ホタルイカのパスタ」です。
麺はスパゲッティー、ゆで加減はもちろんアルデンテです。








RIMG7029.jpg

海の香りがいっぱいのホタルイカのスパゲッティーです。









RIMG7026.jpg

ホタルイカのマリネを使っていて、ニンニクが利いた美味しいパスタです。








RIMG7032.jpg

〆は、密造酒のようなお酒ですが、ラベルが剥がれた「メーカーズマーク」のオンザロックです。








RIMG7034.jpg

つまみに「ちょこっとナッツ」をいただきました。

ご馳走様でした。

nice!(76)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

「二代目 鶏ぶし」で一杯! [グルメ]

RIMG6997.jpg
















RIMG7006.jpg

この日は、地元の居酒屋“晴れのち晴れ”にお邪魔しました。










RIMG6978.jpg

まずは、「ブルックリンラガー」で乾杯です。









RIMG6980.jpg

お通しは、「ポトフ」、ボリュームがあってお腹にもやさしいです。










RIMG6981.jpg

肴は、「大山鶏のレバ刺し」です。









RIMG6984.jpg

柔らかいレバー、ゴマ油が美味しいですね。








RIMG6993.jpg

「ハツ」をおまけしていただきました。
コリッとして良い食感です。










RIMG6986.jpg

「ゴルゴンゾーラちくわ磯辺揚げ」です。









RIMG6990.jpg

ちくわの穴にゴルゴンゾーラチーズを入れて、海苔をつけて揚げたものです。










RIMG6988.jpg

少し酸味のあるゴルゴンゾーラの風味が揚げちくわと合いますね。

お酒が進みます。









RIMG6995.jpg

「二代目 鶏ぶし」です。









RIMG6998.jpg

見た目、厚切りの鰹の削り節のようですが、鶏のジャーキーですね。
噛めば噛むほど、旨味がジワッと溶け出します。









RIMG7001.jpg

さきイカやエイヒレのように、マヨネーズで食べますが、これが美味しいですね。
初代は、もう少し柔らかかったのですが、そちらも好きでした。










RIMG7004.jpg

飲み物は、「酎ハイ」です。








RIMG7005.jpg

仕上げに「蜆のおすまし」をいただきました。









RIMG7007.jpg

ご馳走様でした。

nice!(80)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

マルちゃん「赤いたぬき天うどん」を食す! [グルメ]

DSC_3863.jpg

2019年5月13日に全国発売された、マルちゃん「赤いたぬき天うどん」をコンビニで見つけて購入しました。









DSC_3864.jpg

この商品の発売経緯は、去年「赤いきつねうどん」発売40周年と言うことで、「赤いきつねうどん」と「緑のたぬき天そば」、どちらが好きかを投票したところ、「赤いきつねうどん」が勝利したそうです。その結果、赤いきつねがマニュフェストとして掲げていた「赤いたぬき天うどん」が期間限定で誕生することになったそうです。

期間限定には弱いです(笑)。









DSC_3867.jpg

上蓋をめくると、「粉末スープ」と「スパイス」が入っています。








DSC_3870.jpg

これを取り出します。









DSC_3869.jpg

中には、具材の「小えび天ぷら」と「たまご」「油揚げのきざみ揚げ」「かまぼこ」「ねぎ」が入っています。










DSC_3871.jpg

「粉末スープ」をかけます。









DSC_3872.jpg

お湯を入れて5分待ちます。









DSC_3873.jpg

具だくさんな「赤いたぬき天うどん」ですね。









DSC_3874.jpg

「スパイス」の七味とうがらしを適度に散らして完成です。









DSC_3876.jpg

まずは、スープを一口。
“東向け”の「赤いたぬき天うどん」は、鰹節と昆布のだしが利いた、風味豊かなうどんつゆで、食べ慣れた味で美味しいです。
東と西の境界線は、関ヶ原あたりのようです。










DSC_3877.jpg

麺は、コシと弾力がある、平たい太めのうどんです。
油揚げは小さくカットされているので、分量は減っていますが、その分“緑のたぬき”に入っている「小えび天ぷら」が存在感をアピールしています。









DSC_3881.jpg

「たまご」も量が多く、「かまぼこ」も良いですね。










DSC_3882.jpg

もちろん、美味しいスープは完食!

ご馳走様でした。










DSC_3865.jpg

ちなみに、「緑のたぬき天そば」が勝った場合は、「緑のきつねそば」として、そばにお揚げを乗せることになっていたそうですが・・・。

「赤いたぬき天うどん」を食べたかったことも勝った要因かもしれませんね。


nice!(70)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

エースコック「厚切太麺 濃いつゆ ラー油肉そば」を食す! [グルメ]

DSC_3846.jpg

2019年5月6日発売のエースコック「厚切太麺 濃いつゆ ラー油肉そば」をスーパーで見つけて購入しました。









DSC_3848.jpg

“香ばしいガーリックの旨み溢れる濃厚スープ”に期待です。









DSC_3850.jpg

上蓋をめくると、「液体スープ」が見えます。








DSC_3851.jpg

「液体スープ」を取り出します。









DSC_3852.jpg

麺は、確かに太い印象です。
具材は、「味付豚肉」、「揚げ玉」、「にんにく」、「ねぎ」、「唐辛子」です。









DSC_3854.jpg

お湯を注いで、「液体スープ」を温めながら5分待ちます。









DSC_3855.jpg

まずは、良くかき混ぜます。










DSC_3856.jpg

「液体スープ」をかけます。
ラー油が広がりますね。








DSC_3857.jpg

まずはスープを一口・・・、ラー油は多いように見えますが、それほど辛くはありません。








DSC_3858.jpg

“濃いつゆ”や“濃厚スープ”のキャッチ通り、濃厚なスープですね。
鶏や豚の旨みを醤油に加え、カツオや昆布を利かせた和風つゆです。








DSC_3859.jpg

麺は見ての通り、角刃の太めんで、麺をすすると言うよりは、ワッシワッシと噛む感じで、食べ応えがあります。









DSC_3861.jpg

ニンニクの風味は強くありませんでした。








DSC_3862.jpg

濃いめのスープでしたが、完食!









DSC_3849.jpg

ご馳走様でした。


nice!(65)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「鶏かつ南蛮」で一杯! [グルメ]

RIMG6964.jpg












RIMG6973.jpg

この日は、地元の居酒屋“浪漫酒場”にお邪魔しました。








RIMG6949.jpg

まずは、「黒ホッピー割り」で乾杯です。








RIMG6951.jpg

選べるお通しは、「エリンギ明太子」、歯ごたえのある食感が楽しいです。








RIMG6953.jpg

肴は、「めかぶポン酢」です。








RIMG6955.jpg

うずらの卵でまろやかな味わいになっています。








RIMG6956.jpg

「昆布出汁DE活きタコカルパッチョ」です。








RIMG6960.jpg

活きタコのプリっとした歯応えが良いですね。
ワインが欲しいところです。








RIMG6965.jpg

メインは、「鶏かつ南蛮」です。








RIMG6967.jpg

酸味のある自家製のタルタルが美味しいです。








RIMG6966.jpg

お酒が進みますね。








RIMG6968.jpg

そこで「酎ハイ」です。








RIMG6969.jpg

「乾きもの」のハーフサイズです。
これを食べないと終われません。








RIMG6972.jpg

おまけは、「チョコレート」です。









RIMG6976.jpg

帰りにぺこちゃんの「ミルクキャラメル」をいただきました。








RIMG6974.jpg

ご馳走さまでした。


nice!(69)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理