So-net無料ブログ作成

ファミマ限定!マルちゃん「中華そば処 琴平荘 中華そば」を食す! [グルメ]

DSC_3107.jpg

ファミリーマート限定発売という、マルちゃん「中華そば処 琴平荘 中華そば処」を見つけて購入しました(2017年12月に、同じくファミマから発売されていたそうです)。











DSC_3109.jpg

山形県鶴岡市の期間限定営業(10月1日~5月31日)という旅館 琴平荘(こんぴらそう)の店主・掛神淳氏監修のラーメンです。











DSC_3108.jpg

旅館が経営するラーメン店だそうで、6月から9月の旅館繁忙期には営業していないそうです。











DSC_3110.jpg

“鶏をベースに魚介ダシを利かせた、芳醇な醤油味スープ”に期待です。











DSC_3112.jpg

上蓋をめくり、「液体スープ」「かやく」「焼きのり」を取り出します。











DSC_3113.jpg

麺は、中太ノンフライ麺です。












DSC_3114.jpg

「かやく」を麺の上に乗せます。
大きなチャーシュー2枚がインパクトありますね。










DSC_3115.jpg

お湯を入れて、「液体スープ」を温めながら待ちます。












DSC_3116.jpg

5分で完成です。











DSC_3117.jpg

麺を良くほぐし、「液体スープ」を入れます。











DSC_3118.jpg

良く混ぜ合わせ、焼きのりを添えて完成です。










DSC_3119.jpg

まずは、スープを一口。
煮干しの香りが漂い、魚介系のダシの味が広がります。
見た目ほど、濃い醤油の味ではありません。










DSC_3121.jpg

鶏油が入っていますが、基本的にはあっさり味です。











DSC_3120.jpg

チャーシューの存在感も在るし、メンマかネギも良いですね。
焼きのりがラーメンらしいです。











DSC_3122.jpg

麺は、モチモチ感のある麺で、“まるちゃん正麺”と同じような印象です。












DSC_3123.jpg

もちろんスープも完食(わかっちゃいるけど、止められません)!











DSC_3111.jpg

ご馳走様でした。



nice!(70)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

「慈姑の唐揚げ」で一杯! [グルメ]

RIMG5209.jpg

















RIMG5179.jpg

この日は、池袋東口にある“万事快調”にお邪魔しました。












RIMG5227.jpg

まずは、クラフトビールです。











RIMG5180.jpg

本日の10タップから選びます。












RIMG5186.jpg

沼津クラフトの「マージーサイドESB」です。
以前にも飲みましたが、ややビターで、甘みも感じるコクがある美味しいビールです。











RIMG5183.jpg

お通しは、「真子の煮付け」です。











RIMG5188.jpg

肴は、築地・杉寅の豆腐を使った「冷奴」です。











RIMG5193.jpg

豆の旨味を感じる固めの豆腐、塩が美味しいですね。













RIMG5190.jpg

刺身二品、大分の「鰯刺身」と「鰊の昆布〆」です。












RIMG5191.jpg

鰯は、しっかりとした上品な味です。
鰯っぽくない味です。











RIMG5199.jpg

初めて食べる鰯の味でした。












RIMG5192.jpg

適度な噛みごたえを残した鰊の昆布〆です。











RIMG5197.jpg

これも上品な味の刺身です。


ここで日本酒です。












RIMG5200.jpg

大阪府豊能郡能勢町の秋鹿酒造「秋鹿 生酛 雄町 純米 無濾過生原酒 70%精米」の冷酒です。












RIMG5205.jpg

続いて、神奈川県足柄上郡山北町の川西屋酒造店「丹沢山 凛峰 山廃 備前雄町 氷温熟成 60%精米」の常温です。












RIMG5208.jpg

こちらは、「慈姑(くわい)の唐揚げ」です。











RIMG5211.jpg

小粒でホコッとした慈姑、甘みもあって美味しいです。











RIMG5212.jpg

和風フライドポテトといった趣です。












RIMG5216.jpg

お酒は、京都府京丹後市の木下酒造「玉川 自然仕込み 純米 山廃 山田錦 無濾過生原酒 夏越し常温熟成 66%精米」の燗酒です。











RIMG5218.jpg

ここで肉を注文、「豚バラ一夜干し」です。










RIMG5224.jpg

辛子をちょっとつけて、脂の甘さ、旨さを味わいます。










RIMG5221.jpg

この豚バラ一夜干しに合わせるのは・・・・












RIMG5217.jpg

静岡県伊豆市のベアードブルーイング「頑固親父のバーレーワイン」です。
一年熟成の度数11度のバーレーワイン(ビール)が、豚バラの脂と合いますね。

今宵も満足!

ご馳走様でした。



nice!(67)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

松屋「鶏タルささみステーキ定食」を食す! [グルメ]

DSC_3086.jpg

松屋から、2019年1月22日10時から発売された「鶏タルささみステーキ定食」をランチで食べに出かけました。










DSC_3088.jpg

高タンパク、低カロリーの鶏ささみを鉄板で焼いたものです。










DSC_3089.jpg

2月5日(火)まで、ライス大盛り無料と言うことで、ご飯は大盛りです。










DSC_3091.jpg

味噌汁の具は、油揚げとワカメです。










DSC_3090.jpg

ささみには黒胡椒がかけられています。











DSC_3092.jpg

オイスターソースと特製タルタルソースがたっぷりとかかっています。











DSC_3096.jpg

このソースが美味しいです。
あっさりとした鶏ささみに合っていますね。











DSC_3099.jpg

タルタルなしでいただきましたが、黒胡椒ピリッと効いて、このままでも結構美味しかったです。











DSC_3097.jpg

味変で“紅ショウガ”も良いですね。
野菜は、このソースでいただきました。











DSC_3100.jpg

もちろん完食!










DSC_3102.jpg

ご馳走様でした。


nice!(65)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

デザートは「かたいプリン」! [グルメ]

s-RIMG5174(小).jpg

















s-RIMG5130(小).jpg

この日は、東武東上線ときわ台駅近くの、酒と醸し料理の店“BY”にお邪魔しました。











s-RIMG5132(小).jpg

まずは、「ハートランド」の小瓶で乾杯です。
喉を通るシュワッとした刺激がたまりません。

やっと、仕事が終わったという感じですね。

肴は、おつまみ小鉢三品のセットです。









s-RIMG5135(小).jpg

まずは、「白菜の柚子漬け」です。
たっぷりと柚子がかかっていて、白菜のしゃきしゃきとした食感と爽やかな香りが良いですね。

今月のお酒は、静岡県特集です。








s-RIMG5141(小).jpg

1杯目は、静岡県掛川市の土井酒造場「開運 無濾過 純米 生酒 山田錦55%精米」です。











s-RIMG5136(小).jpg

次の小鉢は、「塩麹豚しゃぶとユリ根の煎り酒和え」です。










s-RIMG5138(小).jpg

茹でたユリ根が美味しいですね。










s-RIMG5152(小).jpg

2杯目は、静岡市の英君酒造「英君 純米 しぼりたて 生 60%精米」です。











s-RIMG5148(小).jpg

3杯目は、静岡県藤枝市の志太泉酒造「志太泉(しだいずみ) 開龍 純米原酒 山田錦70%精米」です。










s-RIMG5143(小).jpg

そして、三品目の小鉢は「骨付き鶏の醤油麹スパイス煮」です。










s-RIMG5144(小).jpg

柔らかく煮えた鶏肉、八角や茴香の香りのタレがかけられていて、美味しいです。










s-RIMG5160(小).jpg

次の肴は、「いわしぶし乗せ豆腐」です。









s-RIMG5159(小).jpg

“かつお節”ならぬ”いわし節”に味があるので、醤油は要らないです。










s-RIMG5161(小).jpg

お酒は、長野市信州新町の尾澤酒造場「十九 ビアンコニーリョ 生酒」です。









s-RIMG5162(小).jpg

”ビアンコニーリョ”はイタリア語で白ウサギ、ラベルの絵柄ですね。
スッキリ爽やかな飲みやすいお酒です。










s-RIMG5166(小).jpg

久しぶりのデザートは、「かたいプリン」です。











s-RIMG5171(小).jpg



s-RIMG5172(小).jpg

プルルンとしたプリンとは一線を画すモグモグ出来るプリンです。










s-RIMG5177(小).jpg

甘さの中にも苦みを感じるカラメルが好きです。










s-RIMG5167(小).jpg

飲み物は、尾鈴山蒸留所の米焼酎「山翡翠」のオンザロックです。










s-RIMG5178(小).jpg

しっかりと食べ応えのある「かたいプリン」でした。

ご馳走様でした。






nice!(75)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

「カチョエペペ」で一杯! [グルメ]

s-DSC_3081(小).jpg















s-DSC_3062(小).jpg

この日は、東武東上線上板橋駅近くのワインバー“すしやあづまニカイ”にお邪魔しました。











s-DSC_3067(小).jpg

まずは、「カールスバーグ」の生ビールで乾杯です。











s-DSC_3066(小).jpg

グラスの位置がダメでしたね(苦笑)。











s-DSC_3064(小).jpg

お通しは、「バケット」です。












s-DSC_3072(小).jpg

肴は、名前がわからないと言うので、何か分かりやすい呼び方と言うことで「ベーコンチーズ」です。














s-DSC_3073(小).jpg

“スカモルツァ・アフミカータ”というモッツアレラチーズを1日干して燻製したチーズを
ベーコンで巻いてオーブン焼きにした料理です。











s-DSC_3076(小).jpg

スモーキーなモッツァレラチーズが、ベーコンとマッチしています。
塩加減が良いですね。












s-DSC_3068(小).jpg

白ワインは、濃いめの味わい“ゲヴェルツトラミネール”です。












s-DSC_3069(小).jpg

本当は赤ワインの方が合うかもしれませんが、小生は白で押しました(苦笑)。












s-DSC_3078(小).jpg

メインは、パスタ「カチョエペペ」のSサイズです。















s-DSC_3079(小).jpg

カチョエ(チーズ)と胡椒(ペペ)のみというローマのパスタ料理です。
そのままの料理名です。













s-DSC_3080(小).jpg

胡椒が利いていて、アクセントになっていて、そこにチーズがからんで美味しいです。













s-DSC_3084(小).jpg

〆は、バーボン「エズラブルックス」のオンザロックです。













s-DSC_3085(小).jpg

そして、「ちょこっとナッツ」もいただきました。

ご馳走様でした。



nice!(77)  コメント(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

〆は、「あまおう苺アイス」! [グルメ]

RIMG5123.jpg
















この日は、地元にある居酒屋“日本海庄や”にお邪魔しました。










RIMG5104.jpg

まずは、「黒ホッピー割り」で乾杯です。











RIMG5106.jpg

お通しは・・・










RIMG5108.jpg

「枝豆」と









RIMG5107.jpg

「マグロの炙り焼き」です。










RIMG5109.jpg

マグロはレアな焼き加減で美味しいです。











RIMG5110.jpg

肴は、「鯵のなめろう」です。











RIMG5114.jpg

「イワシのなめろう」が品切れと言うことで、鯵がピンチヒッターです。











RIMG5113.jpg

葱と味噌が良いハーモニーを奏でています。

酒が進む肴ですね。










RIMG5102.jpg

次は、“青森、秋田フェア”から・・・











RIMG5115.jpg

秋田の郷土食と言う「かすべ(えい)の唐揚げ」です。

これも量が少なかったと言うことで・・・










RIMG5118.jpg

「マグロの刺身」をおまけにいただきました。











RIMG5120.jpg

「かすべの唐揚げ」、エイヒレのコリッとした食感が良いですね。











RIMG5117.jpg

かえって、これくらいの量でちょうど良かったかも・・・。
旨いです!


今回は月替わりのデザートをいただきました。










RIMG5126.jpg

「あまおう苺アイス」です。
イチゴ味のポッキーも立っていました。











RIMG5124.jpg

イチゴアイスも美味しいですね。










RIMG5127.jpg

飲んだ後の甘味はホッとしますね。

ご馳走様でした。


帰るときに“ウツボくん”を確認しました。











RIMG5129.jpg

大人しくしていました。



nice!(73)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

「鶏レバーペースト」で一杯! [グルメ]

RIMG5078.jpg
















RIMG5080.jpg

この日は、池袋にある居酒屋“やきとん ひなた池袋西口店”にお邪魔しました。












RIMG5059.jpg

まずは、「黒ホッピー割り」で乾杯です。

この日は、とても混んでいて、なかなか肴が出てきませんでしたが、チビチビやりながら待ちました。










RIMG5060.jpg

まずは、「ザーサイどっさり冷奴」です。











RIMG5061.jpg

豆腐にザーサイがたっぷりと乗せられています。
それに胡麻油がかかっていて、芳ばしい冷奴です。











RIMG5070.jpg

いつも注文する「やきとん盛り合わせ6本」、味噌味でお願いしました。











RIMG5065.jpg

「レバー」、「ハラミ」。











RIMG5066.jpg

「ちれ」(脾臓)、「かしら」。











RIMG5068.jpg

「たんした」。











RIMG5069.jpg

最後は、希少部位だという「おっぱい」です。
「おっぱい」は、カリッとした歯ごたえ、脂身が美味しい胸肉です。

6種類は、毎回、少しずつ違うので嬉しいです。











RIMG5071.jpg

そして、「鶏レバーペースト バケット付き」です。











RIMG5077.jpg

バケットにレバペをたっぷりとつけて、マーマレードを乗せます。










RIMG5073.jpg

マーマレードの甘酸っぱさが良いですね。











RIMG5079.jpg

飲み物は、「下町ハイボール」です。
炭酸強めが良いですね。











RIMG5081.jpg

これで2,900円はお得なお値段でした。

ご馳走様でした。




nice!(70)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

マルちゃん正麺「うま辛辛辛担々麺 STRONG」を食す! [グルメ]

RIMG5082.jpg

スーパーで、2019年1月14日発売の、マルちゃん正麺「うま辛辛辛担々麺 STRONG」
を見つけて購入しました。











RIMG5083.jpg

“辛辛辛”を3辛なので、大丈夫かなぁと思って購入しました。
唐辛子3倍、花椒2倍、











RIMG5084.jpg

そして“STRONG”の文字が気になります。











RIMG5086.jpg

上蓋をめくり、「かやく」、「粉末スープ」、「液体スープ」を取り出します。











RIMG5088.jpg

「かやく」を麺の上にのせます。











RIMG5089.jpg

お湯を入れて5分、「液体スープ」を温めながら待ちます。











RIMG5090.jpg

具材は、味付挽肉、チンゲン菜、胡麻と担々麺らしいシンプルな具材です。

麺を良くかき混ぜます。










RIMG5091.jpg

「粉末スープ」を入れると、花椒の香りが鼻に迫ります。











RIMG5093.jpg

良くかき混ぜて、「液体スープ」を入れます。












RIMG5094.jpg

結構、インパクトのある色です。











RIMG5095.jpg

良くかき混ぜて完成です。
見た目も辛そうですが、香りからは“痛さ”は感じません。












RIMG5097.jpg

スープを一口・・・

唐辛子、花椒、ラー油を効かせた “うま辛辛辛”と言うだけあって、辛いですが、コクがあって美味しいです。











RIMG5099.jpg

頭頂部に汗をかき、鼻もかみましたが、何とかスープも完食!

ご馳走様でした。



nice!(64)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

サッポロ一番「麺屋 翔 香彩鶏だし塩ラーメン」を食す! [グルメ]

s-DSC_3044(小).jpg

スーパーで、2019年1月発売のサッポロ一番「麺屋 翔 香彩鶏だし塩ラーメン」を見つけて購入しました。








s-DSC_3048(小).jpg

東京・新宿の人気ラーメン店の“麺屋 翔”の味わいを再現したカップ麺で、去年1月に発売されました。








s-DSC_3052(小).jpg

そのときより美味しくなったという店主の自信作です。









s-DSC_3045(小).jpg

後入れの“仕上げの小袋”をはがします。 








s-DSC_3050(小).jpg

麺は、やや太めです。









s-DSC_3053(小).jpg

お湯を入れて、“仕上げの小袋”を温めながら、3分+30秒ほど待ちます。









s-DSC_3054(小).jpg

具材は、チャーシュー、メンマ、ネギ、鶏そぼろです。









s-DSC_3055(小).jpg

良くかき混ぜて、“仕上げの小袋”を入れます。









s-DSC_3056(小).jpg

スープを一口。
塩味のスッキリとした味わいに、鶏だしの旨みと魚介系の旨みを感じます。









s-DSC_3058(小).jpg

美味しいスープと麺でした。
麺は、3分30秒では長いですね。
お湯を入れて食べるまでが3分くらいが良いかもしれません。









s-DSC_3060(小).jpg

もちろん、スープも完食!









s-DSC_3046(小).jpg

ご馳走様でした。
nice!(58)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

まるちゃん「博多新風×気むずかし家 焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨」を食す! [グルメ]

RIMG5014.jpg

コンビニで、2019年1月7日発売のまるちゃん「博多新風×気むずかし家 焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨」を見つけて購入しました。











RIMG5016.jpg

“焦がしニンニク香る”というキャッチに弱いです(苦笑)。











RIMG5015.jpg

「後入れ特製油」を外します。











RIMG5018.jpg

このカップ麺は、長野の名店“頑固麺飯魂 気むずかし家”と










RIMG5019.jpg

“博多新風 高宮本店”のコラボ商品です。
夢のWコラボは10回目だそうです。











RIMG5020.jpg

上蓋を開けて、お湯を入れます。












RIMG5022.jpg

「特製油」を温めながら2分待ちます。











RIMG5023.jpg

具材は、味付き豚肉、キクラゲ、ネギです。













RIMG5024.jpg

良くかき混ぜ(かなり混ぜた方が良いと思います)、「特製油」を投入します。











RIMG5025.jpg

麺は、「新かため極細麺」と言うことで、2分なのが良いですね。
動物系の濃厚な香りに混じって、焦がしニンニクの良い香りが立ち上ります。










RIMG5026.jpg

スープは、鶏と豚をベースにした濃厚な白湯スープ、アクセントで唐辛子と山椒を利かせているそうですが、辛さはほとんど感じません。
濃厚だけど、美味しいスープです。













RIMG5028.jpg

具材のキクラゲはコリッとした食感が残り、豚肉も美味しいです。











RIMG5029.jpg

もちろん、スープも完食!











RIMG5017.jpg

ご馳走様でした。

nice!(66)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理