So-net無料ブログ作成

「ポルチーネのフェットチーネ」で一杯! [グルメ]

s-RIMG3954(小).jpg














s-RIMG3969(小).jpg

この日は、東武東上線上板橋駅近くのワインバー“すしやあづまニカイ”にお邪魔しました。










s-RIMG3929(小).jpg


s-RIMG3928(小).jpg

まずは、「ナミナミスパークリングワイン」にお口から迎えにいって、乾杯です。









s-RIMG3930(小).jpg

お通しは、いつもと違った「バケット」です。









s-RIMG3934(小).jpg

肴は、「前菜盛り合わせのSS」のハーフサイズです。








s-RIMG3937(小).jpg

色々な種類の生ハム、サラミ、チーズが乗っています。
これでSSのハーフサイズですが、一人でも十分なボリュームです。










s-RIMG3942(小).jpg

白ワインは、「ドントマーシ ピノグリージョ」です。
ドライで少し苦味も感じる美味しいワインです。


メインは、「ポルチーネのフェットチーネ」です。










s-RIMG3945(小).jpg

オーブントースターで温めてますが、これでポルチーニ一人前のようです。









s-RIMG3948(小).jpg

ミントとイタリアンパセリを振りかけてあります。









s-RIMG3951(小).jpg

ニンニクと黒胡椒がアクセントです。









s-RIMG3960(小).jpg

今年のポルチーネは、味が濃い目だそうです。
たっぷりと入ったポルチーネ、香りも良く、美味しいです。









s-RIMG3958(小).jpg

味は、濃く感じるので、赤でも合いますが、白ワインにしました。
ワインは、「ガヴィ」コルテーゼ100%の白ワインです。








s-RIMG3957(小).jpg

フルーティーで、蜂蜜のような甘さがありますが、濃いめの飲み口です。










s-RIMG3963(小).jpg

〆は、バーボン「エズラブルックス」のオンザロックです。









s-RIMG3964(小).jpg

45度と高めのバーボンです。









s-RIMG3968(小).jpg

そして、「ちょこっとミックスナッツ」です。

今宵も満足!

ご馳走様でした。



nice!(74)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

「本ししゃもの青のり天ぷら」で一杯! [グルメ]

RIMG3910.jpg
















RIMG3925.jpg

この日は、地元の居酒屋“晴れのち晴れ”にお邪魔しました。











RIMG3897.jpg

まずは、「シャリ金黒ホッピー割り」で乾杯です。
お通しは、撮り忘れです。











RIMG3902.jpg

肴は、豊洲もんの刺身「おまかせ五点盛り、ハーフサイズ」です。











RIMG3899.jpg

右から、「鰹の塩叩き」、「インド鮪」










RIMG3900.jpg

「天然鰤」、「秋刀魚」、「金目鯛」










RIMG3901.jpg

「白子」はおまけです。










RIMG3903.jpg

そして、「生の本ししゃもの青のり天ぷら」です。









RIMG3908.jpg

身は柔らかく、青のりの香りが広がります。











RIMG3918.jpg

塩が旨味を引き出します。

お酒が進みます!

ここで日本酒。











RIMG3913.jpg

鳥取県八頭郡智頭町の諏訪酒造「諏訪泉 純米吟醸 満点星みどり」のぬる燗です。

河童の徳利が好きです。










RIMG3920.jpg

次は、「酎ハイ」です。











RIMG3921.jpg

そして、「ミックスナッツのハーフサイズ」をいただきました。
小生はピスタチオが好きです。










RIMG3924.jpg

〆の「みそ汁」をいただきました。











RIMG3927.jpg

ご馳走様でした。




nice!(67)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

東洋水産 マルちゃん「麺屋 極鶏 赤だく」を食す! [グルメ]

DSC_2670.jpg

スーパーで、10月29日発売の東洋水産 マルちゃん「麺屋 極鶏 赤だく」を見つけて購入しました。










DSC_2671.jpg

“唐辛子の辛さがやみつきになる、極濃鶏白湯ラーメン!”と言うコピーに惹かれました。










DSC_2672.jpg

京都の名店「麺屋 極鶏(ごっけい)」の店主・今江公一監修のカップ麺です。










DSC_2676.jpg

上蓋をめくると、すでに辛さの予感が・・・。










DSC_2677.jpg

お湯を注いで、4分+@、後入れの特製油は蓋の上で温めます。











DSC_2679.jpg

上蓋をめくると、お湯を吸いすぎたせいか、あるいは少なかったせいか、ドロドロです。










DSC_2680.jpg

良くかき混ぜた後(少し時間がかかります)、特製油をかけます。
ラー油のようですね。

そして、さらに良くかき混ぜて完成です。









DSC_2683.jpg

まずは、スープを一口。

思ったほど、辛くありませんが、唐辛子の破片がピリッと辛いです。











DSC_2681.jpg

かき混ぜるのに時間がかかったためか、麺が柔らかくなりすぎたかもしれません。










DSC_2686.jpg

濃厚でコッテリとしたな味わいのスープです。










DSC_2687.jpg

“極濃鶏白湯”というのが良く分かります。











DSC_2688.jpg

ドロッとしたスープも完食!










DSC_2673.jpg

ご馳走様でした。

nice!(73)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ヤマダイ ニュータッチ 「復刻版 凄麺 煮玉子らーめん」を食す! [グルメ]

DSC_2653.jpg

スーパーで、10月22日発売の、ヤマダイ ニュータッチ 「復刻版 凄麺 煮玉子らーめん」を見つけて購入しました。

2001年10月に発売されたシリーズ第1弾「これが煮玉子らーめん」をイメージした復刻版です。










DSC_2654.jpg

「限定販売」の文字、相変わらず弱いです。










DSC_2659.jpg

上蓋をめくり、かやく、焼きのり、液体スープを取り出します。











DSC_2661.jpg

煮玉子は、1個分入っています。










DSC_2658.jpg

麺は、太麺のノンフライ麺です。











DSC_2662.jpg

かやくを乗せて、お湯を入れます。
5分+1分(電話がかかってきたので、少しタイムオーバー)待ちます。









DSC_2663.jpg

麺をほぐして、










DSC_2664.jpg

液体スープを投入です。










DSC_2665.jpg

煮玉子を乗せます。









DSC_2667.jpg

さらに、焼きのりを乗せて完成です。










DSC_2666.jpg

スープは、豚骨醤油味で、ガーリック風味が良いですね。
麺はモチッとして滑らかで、コクのあるスープとの相性も良くて美味しいです。

具材のメンマも食感がシッカリとあります。











DSC_2669.jpg

もちろん、スープも完食!

ご馳走様でした。

nice!(69)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「岩もずく酢」で一杯! [グルメ]

RIMG3880.jpg












この日は、地元にある居酒屋“日本海庄や”にお邪魔しました。










RIMG3872.jpg

まずは、「黒ホッピー割り」で乾杯です。

カウンターの端に座っていたので、席からは“ウツボくん”は見えませんでしたが、
後で通ったときに居たのでホッとしました。










RIMG3869.jpg

お通しは・・・










RIMG3870.jpg

「だし巻き玉子」と










RIMG3871.jpg

「鰹のタレ和え」、白ゴマが効いています。











RIMG3866.jpg

肴は、11月の“新潟、山形フェア”から・・・











RIMG3873.jpg

「新潟産 バイ貝旨煮」です。









RIMG3874.jpg

コリコリっと程よい食感、味も染みて美味しいです。










RIMG3876.jpg

苦味の残ったタレも美味しいです。











RIMG3877.jpg

さらに「新潟産 岩もずく酢」です。










RIMG3879.jpg

シャキシャキと良い音がする「もずく」で、佐渡でとれる天然物のようです。

磯の香りがしますが、粘りはほとんどなく、細い針金のようです。










RIMG3882.jpg

とろろと卵の黄身、茗荷を混ぜ合わせます。
もともと酸味は弱かったのですが、黄身のおかげでまろやかな味わいになります。










RIMG3883.jpg

酢も飲み干しましたけど、むせませんでした。












RIMG3884.jpg

次は、「新潟 雪室熟成 牛ステーキ 焼き茸添え」です。










RIMG3887.jpg

ステーキらしい噛みごたえ、肉の甘さ、タレのバランスが良いですね。
茸は、塩味でそのままで美味しいです。







RIMG3893.jpg

もう少し柔らかいと良いですね。











RIMG3895.jpg

お酒は、「宝焼酎ハイボール」です。


この日は、新潟でまとめてみました。
次回は、山形ですね。

ご馳走様でした。

nice!(70)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

横浜・中華街「四五六菜館 新館」で送別会 [グルメ]

s-DSC_2652(小).jpg

この日は、会社を卒業される先輩の2回目の送別会が横浜・中華街で開かれました。
中華街の門をくぐります。









s-RIMG3785(小).jpg

関帝廟通りを進みます。










s-RIMG3786(小).jpg

金曜日の夜でしたが、人通りはそれほどではありませんでした。
さすがに忘年会には早いですね。











s-RIMG3788(小).jpg



s-RIMG3789(小).jpg

そして、これが“関帝廟”、真っ赤な色が印象的です。










s-RIMG3790(小).jpg

お店の場所は、関帝廟の前にある“四五六菜館 新館”です。











s-RIMG3793(小).jpg



s-RIMG3792(小).jpg

まずは、モルツビールで乾杯です。

料理はコースですが、11月から、すでに“忘新年会プラン”と言うことでした。

早速、スタートです。











s-RIMG3794(小).jpg

「四種前菜盛り合わせ」











s-RIMG3797(小).jpg

ビールから、紹興酒です。












s-RIMG3798(小).jpg

「鶏肉の四五六特製XO醤炒め」です。











s-RIMG3799(小).jpg

「大海老のマヨネーズソース」、これがボリューム満点で、これでお腹いっぱいになってしまいました。











s-RIMG3800(小).jpg

「四五六麻婆豆腐」









s-RIMG3801(小).jpg

これは辛かったです(汗)。











s-RIMG3802(小).jpg


s-RIMG3803(小).jpg

「銀賞受賞 手毬餃子」です。
「金賞受賞 四五六小籠包」もありましたが、撮り忘れました。











s-RIMG3804(小).jpg

「四五六白酢豚」です。











s-RIMG3805(小).jpg

「五目炒飯」です。










s-RIMG3806(小).jpg

デザートの「四五六甜点」です。

歳をとると、もっと量が少なくても大丈夫ですね。

ご馳走様でした。


nice!(76)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん」を食す! [グルメ]

DSC_2637.jpg

2018年10月29日(月)に発売された「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん」をコンビニ見つけて購入しました。











DSC_2638.jpg

人の弱みにつけ込むような“限定”の二文字、手が出てしまいました。











DSC_2640.jpg

"芳醇香油"が添えられています。












DSC_2641.jpg

上蓋をめくると・・・










DSC_2642.jpg

具材の「炙りコロチャーシュー」が目を引きます。

お湯を入れると、柚子の香りが立ち上り、期待が膨らみます。

4分+αで完成です。








DSC_2643.jpg

炙りコロチャーシュー、メンマ、ネギ、柚子の皮が目立ちます。










DSC_2647.jpg

"芳醇香油"をたらします。










DSC_2648.jpg

真ん中で光っています。

麺を良く混ぜます。












DSC_2649.jpg

スープは、醤油のコクと柚子の酸味をきかせた芳醇な味わいのスープが美味しいです。

麺は極細で、全粒粉入りで、のど越しも良いですね。











DSC_2650.jpg

スープももちろん完食!

ご馳走様でした。

nice!(68)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

〆は、「ほうじ茶アイス」でサッパリ! [グルメ]

RIMG3778.jpg















RIMG3784.jpg

この日は、池袋西口、丸井の向かいにある“やきとんひなた池袋西口店”にお邪魔しました。











RIMG3782.jpg

カウンター席に陣取ります。










RIMG3752.jpg

まずは、「黒ホッピー割り」で乾杯です。











RIMG3753.jpg

肴は、「男前冷奴」です。










RIMG3754.jpg

柔らかく甘い豆腐が美味しく、ネギと削り節、生姜がアクセントになっています。


「やきとん盛り合わせ、六種」を注文です。











RIMG3755.jpg

まずは、「レバー」、トロッと柔らかくて美味しい!

焼き上がった順に運ばれてくるのも良いですね。










RIMG3756.jpg

3本、到着です。
右から、「タン」、塩と胡椒でいただきます。
「ハツ」、脂と肉のバランス良いですね。
「ハラミ」、ニンニクの効いたタレ、酒が進みます。











RIMG3759.jpg

そして、「かしらあぶら」です。
名前の通り、脂が美味しいです。









RIMG3761.jpg

そして、「かしら」、しっかりとした味わいです。











RIMG3763.jpg



RIMG3764.jpg

次は、「鶏レバーペースト、バケット付き」です。











RIMG3768.jpg

バケットにレバーペースト付け、マーマレードを乗せていただきます。
これは旨い!
ブルーベリージャムも好きですが、マーマレードも合いますね。

美味しくて、お酒も進みます。










RIMG3772.jpg

飲み物は、「ラッキーハイボール」です。











RIMG3775.jpg

〆は、「ほうじ茶アイス」です。











RIMG3777.jpg

ほうじ茶の芳ばしい香りとまろやかな味わいにミントの香り、アイスが和風で美味しいです。

ご馳走様でした。



nice!(73)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

“ときわ台 ひる酒まつり」を愉しむ! [グルメ]

s-RIMG3844(小).jpg














s-RIMG3812(小).jpg

11月3日、4日の2日間、東武東上線ときわ台駅南口にある居酒屋さんなど14店舗が参加して、「ひる酒まつり」が行われました。
到着したのは、開店早々の13時過ぎ、まだ歩いている人が少ないです。












s-RIMG3810(小).jpg

まずは、“ひる酒まつり”の成功を祈願して、天祖神社にお参りです。









s-RIMG3811(小).jpg

七五三で参拝に見えている方もいました。












s-RIMG3813(小).jpg

南口には飲屋街が道路に沿ってありますが、まずは1軒目を目指します。
幟を見つけて入店です。










s-RIMG3815(小).jpg

ワインバー「カスティージョ」です。











s-RIMG3817(小).jpg

まずは、ランブルスコのスパークリングワインの赤で乾杯です。

昼から効きますね。










s-RIMG3818(小).jpg

「おつまみセット」を注文です。










s-RIMG3819(小).jpg

「ローストポーク」、「鴨スモーク」








s-RIMG3820(小).jpg

「チーズ」、「パクチーウインナー」で600円です。











s-RIMG3821(小).jpg

続いて、白ワインもいただきました。
「シャルドネ ヴァレ・セントラル 2016 カル」です。












s-RIMG3822(小).jpg

飲んだワインです。



心地よくなったので、2軒目です。








s-RIMG3823(小).jpg

「炭火やきとり 備長」です。
カウンターに座ります。








s-RIMG3825(小).jpg

飲み物は、気分を変えて「酎ハイ」です。








s-RIMG3832(小).jpg

選べるお通し(500円)は・・・









s-RIMG3829(小).jpg

「ナスのチーズはさみ揚げ」にしました。
ナスとチーズは合いますね。








s-RIMG3826(小).jpg

カウンターの前には、楽しそうな本がずらり・・・。








s-RIMG3827(小).jpg

読みながら呑むと、お酒が進みそうですね。









s-RIMG3833(小).jpg

3軒目は、いつもの“BY”です。








s-RIMG3835(小).jpg

お目当ては、日本酒神経衰弱(1,000円)です。








s-RIMG3834(小).jpg

この8種類の中から、3種類をマスターがチョイスします。


早速、挑戦です。







s-RIMG3843(小).jpg

小生のお酒は、「浪の音」「黒牛」「出羽豊穣」です。








s-RIMG3840(小).jpg



s-RIMG3841(小).jpg

ABCと123を合わせるのですが・・・、間違えました。









s-RIMG3842(小).jpg

さすがに、三軒目だというとこもあり、舌の調子が悪かったようです(言い訳ですが・・・)。








s-RIMG3837(小).jpg

おつまみは「スモークナッツ」です。









s-RIMG3846(小).jpg

15時開店でしたが、すぐに満席でした。

さすがに気持ち良くなり、ここで終了です。

ご馳走様でした。


nice!(71)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

「たこの卵の塩辛」で一杯! [グルメ]

RIMG3712.jpg


















RIMG3678.jpg

この日は、池袋東口にある“万事快調”にお邪魔しました。











RIMG3704.jpg

まずは、ビールです。











RIMG3680.jpg

本日の10タップから選びます。











RIMG3683.jpg

神奈川県茅ヶ崎市の熊澤酒造、湘南ビール「フレッシュホップIPA」です。
摘みたてのホップで醸造したIPAです。
IPAだけど、苦みはほどほど、ホップの良い香りがする、スッキリと飲みやすいIPAです。











RIMG3684.jpg

お通しは、「茶碗蒸し」です。











RIMG3685.jpg

肴は、「しらうおの刺身」です。











RIMG3687.jpg

プチッとした噛み心地と甘さ、山葵よりも生姜の方が好みでした。











RIMG3693.jpg

日本酒は、愛知県津島市の長珍酒造「生生熟成 5055 純米吟醸 無濾過本生 麹米50%精米、掛け米55%精米」の冷酒です。











RIMG3694.jpg

フルーティーで、スッキリとした甘さのお酒です。











RIMG3689.jpg

次は「白子の天ぷら」です。










RIMG3690.jpg

白子ポン酢も良いけど、天ぷらにすると、ホワッとした舌触りで美味しいです。










RIMG3697.jpg

甘さのある白子には、塩が合います。











RIMG3701.jpg

石川県珠洲市の宗玄酒造「宗玄 純米 山田錦 無濾過生原酒 55%精米」の冷酒です。











RIMG3700.jpg

香りは抑え目ですが、米の甘さと口当たりの良さ、お酒が進みます。












RIMG3699.jpg

続いて、「選べる酒肴三趣盛り」、メニューから選びます。











RIMG3714.jpg

選んだ三品です。
左から、「葉唐辛子」、「たこの卵の塩辛」、「セロリ辛煮」です。











RIMG3717.jpg

鋭い辛さがある葉唐辛子、これも酒が進みます。













RIMG3719.jpg

たこの卵の中に、細く白く見えるのは長芋の千切り、シャリッとした食感でアクセントを与えます。











RIMG3722.jpg

トロッとした食感の“たこの卵”、塩気は控えめです。












RIMG3718.jpg

「セロリ辛煮」は、濃い目の味付けをしてあるセロリ、これも酒が進みます。













RIMG3708.jpg

日本酒は、神奈川県足柄上郡山北町の川西屋酒造「丹沢山 凛峰 山廃純米 備前雄町 生原酒 60%精米」の常温です。













RIMG3707.jpg

香りが広がり、濃厚な味わいで、ジワッーと酸味が出てきます。











RIMG3724.jpg

香川県仲多度津郡琴平町の丸尾本店「悦凱陣 純米 赤磐雄町 無濾過生原酒 68%精米」の常温です。











RIMG3723.jpg

甘味、旨味、苦味、バランスのとれたお酒です。











RIMG3726.jpg

「ゆり根唐揚げ」です。










RIMG3733.jpg

ホクホクとお芋みたいです。










RIMG3728.jpg

和風ポテトチップスですね。












RIMG3734.jpg

〆は、静岡県沼津市の柿田川ブリューイング「沼津クラフト マージーサイドESB」、エクストラスペシャルビター、度数6%です。
芳ばしく苦みもあり、甘味もある、飽きの来ない美味しいビールです。

ちょっと飲み過ぎ・・・。


ご馳走様でした。



nice!(71)  コメント(8) 
共通テーマ:グルメ・料理