So-net無料ブログ作成

フリーズドライ「ポークチャップ」を食す! [グルメ]

DSC_2047.jpg

東京・立川市にある国立極地研究所、その中にある“南極・北極科学館”に訪れたときに買った、北海道発、南極と宇宙のごちそうのフリーズドライ食品「ポークチャップ」、賞味期限が今秋だったので、ランチのおかずに食べてみました。










DSC_2049.jpg

南極観測隊の料理人が作った「ポークチャップ」です。










DSC_2052.jpg

軽い袋から中身を取り出します。










DSC_2053.jpg

ジャーキーのような豚肉とキャベツが見えます。










DSC_2054.jpg

ここにお湯を注いで3分ほどでできあがりだそうです。
お湯の量は100ccだと言うことですが、計って入れなかったので、どれくらい入ったのか分かりません。











DSC_2057.jpg

丹念に豚肉の場所を、上にしたり下にしたり動かして、お湯が十分に行き渡るようにします。
しばらくすると、肉らしい色合いに変化してきます。












DSC_2058.jpg

4分を過ぎて、小さい肉片で味見をしました。
どうやら食べられそうです。











DSC_2060.jpg

お湯が多かったのか、味は薄めでしたが、ポークチャップらしい味わいでした。
キャベツは結構イケました。

普段の生活の中でたべるとイマイチかもしれませんが、南極や北極、宇宙で食べると美味しいんでしょうね。
非常食にもなりますね。











DSC_2061.jpg

汁も完食!











DSC_2048.jpg

ご馳走さまでした。

nice!(65)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理