So-net無料ブログ作成

松屋「“牛”ビビン丼」を食す! [グルメ]

DSC_3812.jpg











DSC_3803 (2).jpg

この日のランチは、松屋でビビン丼をいただきました。










DSC_3805 (2).jpg

5月7日から、2種類のビビン丼、平成のロングセラー「豚ビビン丼」と新作「牛ビビン丼」を店舗別で販売と言うことで、小生の会社の近くは、新作の「牛ビビン丼」を販売していました。










DSC_3806.jpg

セルフ店なので、受け取りに行きました。









DSC_3807.jpg

「牛ビビン丼」は普通盛りです。









DSC_3808.jpg

味噌汁の具材は、ワカメと油揚げです。









DSC_3809.jpg

今回は「生野菜」とのセットを注文しました。










DSC_3811.jpg

「牛ビビン丼」は、牛肉の他に、小松菜ナムル、根菜きんぴら、それに温玉が乗っています。









DSC_3814.jpg

まずは、温玉を崩さないように良くかき混ぜて、スプーンでいただきます。
きんぴらのシャキシャキ感が良いですね。
タレは、コチュジャンの風味が利いた甘辛なタレで、美味しかったです。









DSC_3815.jpg

ほどよく食べたところで、温玉を崩します。










DSC_3817.jpg

タレと温玉が絶妙に混ざって、トロッとした味わいでまろやかになります。









DSC_3816.jpg


DSC_3818.jpg

もちろん完食!

5月20日(月)までの対決期間中、「豚ビビン丼」と「牛ビビン丼」の販売数が多い方が、2019年秋以降にレギュラー化することを検討しているそうです。

期間中に「豚ビビン丼」を食べてみたいですね。









DSC_3802 (2).jpg

ご馳走様でした。

nice!(67)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 67

コメント 3

チャー

自宅で牛丼ビビンバ風作って食べています
大好きだよ〜ん(^^)
by チャー (2019-05-17 12:43) 

響

あの温玉が食欲を増進させてくれますね。
ビビンってなんだろう?
by (2019-05-18 07:45) 

newton

チャーさま、コメントを有り難うございます。家庭の味だと飽きがこなくて、いつでも美味しく食べられますね。

響さま、コメントを有り難うございます。温玉は味変になって良いですね。ビビンって、多分“ビビンバ”から来ていると思います。ビビンは“混ぜる”と言うの意味があるそうです。と言うことで、良く混ぜ混ぜして食べましょう!

by newton (2019-05-19 14:22) 

Facebook コメント