So-net無料ブログ作成

小石川七福神(本当は八福神?)を歩く [旅行]

5月4日の「みどりの日」、今年2回目の“七福神巡り”に出かけました。

今回は文京区の“小石川七福神”巡りです。






R0012951.jpg


スタートは東京メトロ丸の内線茗荷谷駅、まずは拓殖大学方面に向かいます。






R0012933.jpg


坂を下っていきます。その坂を「茗荷坂」と言うそうです。






R0012934.jpg


R0012935.jpg


拓大の向かいにあるのが“深光寺”、





R0012937.jpg



R0012940.jpg



R0012939.jpg


そこあるのが「恵比寿」さんです。





R0012942.jpg



R0012945.jpg


この深光寺には、滝沢馬琴のお墓があるそうです。







R0012946.jpg


そこから丸の内線のガードを潜って、坂を上ります。







R0012947.jpg


次は徳雲寺、そこには弁財天でもちょっと変わった“男弁財天”があります。







R0012948.jpg



R0012949.jpg


なぜか撮影禁止、もっとも七福神+1の神様でした。





R0012953.jpg


そこから少し歩いて、「播磨坂桜並木」の近く極楽水の”弁財天”に行きました。





R0012960.jpg



R0012954.jpg



R0012957.jpg


ここは、小石川パークタワーの敷地内にあります。






R0012962.jpg




R0012961.jpg



R0012963.jpg



R0012965.jpg


次は、そのすぐ近くの宗慶寺にある“寿老人”です。


次に行く前に寄り道です。






R0013007.jpg


ここは小石川植物園、現在の東京大学理学系研究科付属植物園です。






R0013005.jpg


普段は入園料、大人400円、子ども130円ですが、みどりの日は植物園の日ということで無料でした。







R0012968.jpg


早速、園内を歩きます。良い天気に誘われて歩く人が大勢いました。






R0012970.jpg


つつじを中心に花が咲いていました。




R0012974.jpg




R0012983.jpg



R0012984.jpg



R0012988.jpg


その中に珍しい植物を見つけました。






R0012992.jpg


“メンデルのブドウ”です。






R0012993.jpg



R0012994.jpg


あの遺伝学の基礎を築いたメンデルが実験に用いた由緒あるブドウの分株だそうです。







R0012995.jpg


そして、もう一つ“ニュートンのリンゴ”です。






R0012996.jpg



R0012999.jpg


ニュートンが、リンゴの落ちるのを見て「万有引力の法則」を発見したという逸話は有名ですが、ニュートンの生家にあったリンゴの木は、接ぎ木によって各国の科学に関係のある施設に分譲され育てられているそうですが、この木もその一つだそうです。






R0013001.jpg


また、ここは徳川幕府の薬園だったところとしても知られていて、“薬園保存園”も残され、約129種の薬用植物を栽培・展示しています。






R0013004.jpg


園内には立派な桜の木もありました。

桜の季節には見事な花を見ることができるのでしょうね。






R0013010.jpg


続いては、真珠院です。ここには“布袋尊”があります。






R0013011.jpg



R0013013.jpg



R0013014.jpg


木造の布袋様は入ってすぐのところにありましたが、良く見ると石像の布袋尊も墓地の中にあるということなので行って見ました。






R0013016.jpg



R0013017.jpg


墓地の中にお腹が豊かな布袋様が立っていました。





R0013028.jpg


次は、傳通院山内 福聚院の大黒天です。





R0013022.jpg



R0013029.jpg


ここは幼稚園の中にある大黒天です。





R0013024.jpg



R0013027.jpg


内部は開いていなかったので、外から撮影しましたが、良く見えませんでした。





R0013030.jpg


歩いていく途中に、巨大なムクノキがありました。
推定樹齢400年だそうで、善光寺坂のムクノキと言います。
今の樹高は13m、幹周約5m、空襲で焼ける前は23mあったそうです。


坂を下って、段々と後楽園に近づいていきます。





R0013038.jpg


続いては、源覚寺の毘沙門天です。






R0013033.jpg


入り口には、“こんにゃくゑんま”と書かれていました。





R0013035.jpg



R0013037.jpg



お堂の脇に毘沙門堂があり、祀られていました。



最後は、東京ドームの“福禄寿”ですが、これがなかなか見つかりませんでした。







R0013053.jpg


ちょうどこの日は、東京ドームで「YG Family Concert in Japan」のコンサートあり大混雑でした。
小生は知りませんが、BIGBANGや2NE1、Epik High、LEE HI、WINNER、TEAM Bが出演したそうです。


そんなコンサートに来た人ごみとは関係なく、“福禄寿”を探しました。





R0013040.jpg


22番ゲートの近くと書いてあるブログがあったので探しましたが、見つからず、結局、21番ゲートの入り口から見て正面にあるガラスの三角塔の近くの「アトラクションズ」ジオポリスの屋上にありました。





R0013051.jpg



R0013052.jpg


屋上の奥にあるスロープを上がっていくと木立の中に“福禄寿”が祀られていました。





R0013043.jpg



R0013045.jpg



R0013046.jpg


この福禄寿、その昔は後楽園庭園(水戸徳川家の小石川後楽園)に祀られていたもののようです。

このスタンプは、総合案内所に置かれています。






R0013083.jpg


一番わかりにくかった“福禄寿”ですが、東京ドームでイベントがなければ見つけやすいかも知れません。
そうでなければ、時間帯に気をつけてください。






R0013058.jpg


帰りは東京メトロ丸の内線「後楽園」駅から帰りました。






R0013061.jpg



nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 23

コメント 2

ブリスクル

文京区内は史跡が多いので、いろいろ巡っていると楽しいですね。
またの散歩便りを楽しみにしています。
by ブリスクル (2014-05-14 23:41) 

newton

ブリスクルさま、コメントを有難うございます。結構坂が多く、疲れましたが、時代小説を読んでいると登場する地名などが出てきたので楽しかったです。

by newton (2014-05-18 14:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0