So-net無料ブログ作成

「牛アキレス酒粕煮込み」で一杯! [グルメ]

RIMG0766.jpg








RIMG0741.jpg

この日は、池袋東口にある“万事快調”にお邪魔しました。






RIMG0795.jpg


RIMG0742.jpg

まずはビール、10タップの中から選びます。





RIMG0743.jpg

静岡県沼津市のベアードビール「フルーツフルライフ シトラスIPA」、
地元産の“だいだい”と北米産のホップを使用したIPAです。

苦味は程々ですが、清々しくフルーティな美味しいビールです。






RIMG0744.jpg

お通しは、「茶碗蒸し」です。






RIMG0750.jpg

肴は、「アオリイカの刺身」です。






RIMG0754.jpg

イカの王様、アオリイカ、プリップリッの食感で、イカの甘味が口中に広がります。






RIMG0745.jpg

そして、「亀の手の塩茹で」です。






RIMG0749.jpg

“亀の手”は、ザックリというと甲殻類で、亀の手というより、ガラパゴス島のウミイグアナの手のようです。
うっかりトカゲの手のような皮を外すと、中の潮が飛び出すので、注意が必要です。
と言うのも、飛び出してしまったからです。
端っこに座っていたので、被害はマスターのみの最小限ですみました。





RIMG0759.jpg

身は甘く、蟹のようです。
蟹を食べているように無口になります。

そして、酒が進みます!






RIMG0755.jpg

お酒は、石川県珠洲市の宗玄酒造「宗玄 八反錦 55%精米 純米 無濾過生原酒」の冷酒です。






RIMG0762.jpg

続いて、神奈川県足柄上郡川北町の川西屋酒造「丹沢山 凛峰 備前雄町 60%精米 生原酒」の燗酒です。






RIMG0764.jpg

そして、「牛アキレス酒粕煮込み」です。

すべてが柔らかい!






RIMG0767.jpg

牛蒡もコンニャクも人参も、もちろんアキレスも柔らかく煮込まれています。
口の中で溶けます!





RIMG0769.jpg

酒粕で煮込んだ濃厚な味、これも酒が進みます!






RIMG0776.jpg

そこで、大阪府載せ郡豊能町の秋鹿酒造「秋鹿 山廃純米 山田錦70%精米 無濾過生原酒」の燗酒です。






RIMG0781.jpg

次は、「新じゃがの素揚げ、葱味噌添え」です。






RIMG0784.jpg



RIMG0782.jpg



RIMG0785.jpg

周りは、カラッとしていて、ピリッと辛い葱味噌が、甘さのある新じゃがの素揚げに合います!






RIMG0791.jpg

ここで、長野県下高井郡山ノ内町の玉村本店「志賀高原ビール ポーター」、
エスプレッソのようなロースト香が素敵なビールです。






RIMG0792.jpg

おまけに、「金目の酒盗、豆腐乗せ」をいただきました。
鰹の酒盗かと思ったのですが、味はマイルドでした。






RIMG0793.jpg

板長さんによると金目鯛で作ったと言うことでした。


日本酒を飲みたかったけど、限界に近かったので諦めました。






RIMG0794.jpg

ご馳走様でした。

nice!(76)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ザ・ピーナッツ「トリビュート・ソングス」を聴く! [音楽]

1964年を舞台に始まるNHKの朝ドラ「ひよっこ」のテーマ曲、桑田佳祐の「若い広場」は、昭和を感じさせるメロディが素敵です。
毎朝、そんな曲を聴いていることも手伝って、以前から買おうと思っていた「ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス」をダウンロードで購入してしまいました。




artworks-000182716663-r8du4u-t200x200.jpg


ザ・ピーナッツは「シャボン玉ホリデー」で見て知っていましたが、アルバムに入っている曲を思わず口ずさめることに自分でも驚きました。

曲と歌手は以下の通りです。

1. 恋のバカンス/FUNK THE PEANUTS(吉田美和・浦嶋りんこ)
2. 恋のフーガ/ももいろクローバーZ(百田夏菜子・玉井詩織)
3. ふりむかないで/Little Glee Monster(アサヒ・manaka)
4. 情熱の花/相田翔子・森高千里
5. 明日になれば/矢井田瞳・植村花菜
6. 恋のオフェリア/鈴木亜美・藤本美貴
7. モスラの歌/中川翔子・平野 綾
8. 手編みの靴下/夏川りみ・島谷ひとみ
9. 指輪のあとに/太田裕美・谷山浩子
10. 大阪の女/森口博子・マルシア
11. ウナ・セラ・ディ東京/岩崎宏美・石川ひとみ
12. 銀色の道/華原朋美・misono
13. スターダスト/ザ・ピーナッツ(伊藤エミ・伊藤ユミ)

視聴もできます。下記アドレスはアマゾンのものです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01ITGJJ3K


最後が、オリジナルのスターダストだと言うのが良いですね。

現代風にアレンジされていますが、どことなくホッコリするメロディが素敵です。

お酒が美味しくなる楽曲です。


nice!(61)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「鶏モモ肉の白ワインマリネ」の炭火焼きで白ワイン! [グルメ]

RIMG0572.jpg









RIMG0567.jpg

この日は、東武東上線上板橋駅近くのワインバー“すしやあづまニカイ”にお邪魔しました。





RIMG0555.jpg

まずは、「カールスバーグ」の生ビールで乾杯です。





RIMG0554.jpg

お通しは、「バケット」です。





RIMG0558.jpg

肴は、「空豆とペコリーノ」です。





RIMG0556.jpg

美味しくなってきた空豆・・・





RIMG0560.jpg

その生の空豆をみじん切りにして、黒胡椒、オリーブオイル、たっぷりのペコリーノチーズをかけて出来上がりです。





RIMG0561.jpg

生だけど、空豆の旨さ、甘さをストレートに味わえます。





RIMG0562.jpg

ここで白ワイン、トスカーナの「ボルゴスコペート」です。





RIMG0564.jpg

シャルドネ85%のほか、ゲベルツトラビネールが入っているので、
ドライな中にも味に深さがあります。





RIMG0568.jpg

「鶏モモ肉の白ワインマリネ」の炭火焼きです。





RIMG0572.jpg

白ワインとニンニク、ローズマリーでマリネした鶏モモ肉の炭火焼きです。





RIMG0574.jpg

皮はパリパリ、身はふっくら、マリネが良い味を出しています。
今回の鶏モモ肉は300gほどあるので、食べごたえがありました。






RIMG0577.jpg

ワインは、シチリアの「ドントマーシ」、ピノグリージヨです。





RIMG0578.jpg

太陽をいっぱい浴びたピノグリの旨さが光ります。





RIMG0580.jpg

もう一杯、「アンセルミ」です。





RIMG0581.jpg

華やかな味わいと香り、広がりを感じるワインです。




RIMG0590.jpg

〆は、いつもの「グラッパ」です。





RIMG0584.jpg

久しぶりのグラッパ、美味しかったです。





RIMG0587.jpg

水を飲みながらいただきました。





RIMG0585.jpg

そして、「ミックスナッツ」のスモールサイズです。




RIMG0589.jpg

ご馳走様でした。

nice!(65)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「長芋のポテトフライ」で一杯! [グルメ]

RIMG0516.jpg










この日は、地元の居酒屋“晴れのち晴れ”にお邪魔しました。






RIMG0481.jpg

まずは、シャリ金「白ホッピー割り」で乾杯です。





RIMG0499.jpg

久しぶりの白ホッピーも美味しかったです。





RIMG0482.jpg

お通しは、「肉じゃが」です。
お腹が膨れて良いですね。






RIMG0486.jpg

肴はまず、はまっている「鶏ぶし」です。
噛めば噛むほど味が出てきます。






RIMG0498.jpg

七味マヨネーズが合います。






RIMG0487.jpg

次の肴は、「ガリクソンサラダ」です。






RIMG0489.jpg

寿司用の“ガリ”と“クレソン”のサラダです。
クレソンの苦味にガリの甘酸っぱさ、胡麻の香ばしさが良いハーモニーを奏でています。






RIMG0494.jpg

ドレッシングはないけど、これだけで旨いです!

ガリが結構多いですが、これが決め手になっています。






RIMG0500.jpg

「牛モツ明太」です。
キャベツと牛モツを炒めて、明太子を絡めた肴です。






RIMG0502.jpg

キャベツのサクッとした食感、モツのコリッとした食感、
     明太子の辛みとツブツブとした食感が複雑に絡み合って旨い肴です!

酒が進みます!






RIMG0511.jpg

ここでお酒は、シンプルに「チューハイ」です。






RIMG0510.jpg



RIMG0508.jpg




RIMG0509.jpg

そして、「長芋のポテトフライ、海苔塩味」です。





RIMG0512.jpg

サクッとした食感は、普通のフライドポテトにはありません。






RIMG0513.jpg

味付けは、何種類かありますが、やはり王道の海苔塩味が大好きです。






RIMG0517.jpg

おまけの「しじみ汁」をいただいてスッキリです。

ご馳走様でした。



nice!(80)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「筍のステーキ」で一杯! [グルメ]

RIMG0397.jpg








この日は、地元の居酒屋“日本海庄や”にお邪魔しました。




RIMG0371.jpg

まずは、「黒ホッピー割り」で乾杯です。




RIMG0372.jpg

お通しは、「こんにゃくと鯵のなめろう」。




RIMG0373.jpg

おかかと唐辛子がアクセントになっていて、ピリッと辛く美味しいこんにゃくです。




RIMG0374.jpg

鯵のなめろう、これもお酒が進みます。





RIMG0375.jpg

肴は、京都フェアから。





RIMG0377.jpg

「伊佐木の水なめろう」です。
溶いた味噌に、きゅうりと茗荷、胡麻をイサキと合わせたものです。





RIMG0378.jpg

水分が多いだけ、サッパリとしています。





RIMG0383.jpg

「湯葉と旬野菜の炊き合わせ」です。
カボチャ、タケノコ、蕪、炙った湯葉、人参、海老、インゲンです。
ホッコリと温まる優しい野菜の味わいです。





RIMG0394.jpg

そしてグランドメニューから、「京漬け物盛り合わせ五種」です。





RIMG0389.jpg


RIMG0390.jpg


RIMG0391.jpg


RIMG0392.jpg


RIMG0393.jpg

どれも良い塩梅で美味しいです。





RIMG0386.jpg

ご飯がほしかったので、具のない「細巻き」を注文しました。

ご飯と漬物は合いますね。






RIMG0146.jpg

そして、旬のメニューから・・・





RIMG0396.jpg

「筍のステーキ」です。




RIMG0400.jpg

甘めのステーキソースのおかげで、香ばしく、歯ごたえもあり、美味しいです。


そこで、日本酒です。




RIMG0401.jpg

東京都青梅市の小澤酒造「澤乃井 純米 大辛口」です。




RIMG0402.jpg

〆は、季節に合わせ「桜アイスぜんざい」です。





RIMG0407.jpg

桜の香りが素敵です!
大人の旨さです。

ご馳走様でした。



nice!(78)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サッポロ一番「極出汁 鯛あらだし うま味奥深き淡麗なる塩らぁめん」を食す! [グルメ]

RIMG0464.jpg

2017年2月発売のサッポロ一番「極出汁 鯛あらだし うま味奥深き淡麗なる塩らぁめん」をスーパーで見つけて購入しました。

それにしても、名前が長い!




RIMG0470.jpg

上蓋をめくり、あといれ液体スープとかやくを取り出します。




RIMG0468.jpg

麺は幅広ちぢれ麺です。





RIMG0471.jpg




RIMG0473.jpg

かやくを麺の上に乗せ、お湯を入れて5分+1分待ちます。





RIMG0474.jpg



RIMG0475.jpg

麺をほぐして、液体スープを投入して完成です。




RIMG0479.jpg

具材は、海老風味団子にコリッとした食感のメンマ、ネギ、かまぼこです。

まずは、スープを一口。




RIMG0476.jpg

優しいまろやかな味の塩味のスープです。




RIMG0467.jpg

塩は、瀬戸内海、備前岡山の海水を使用した塩です。


ジワッと鯛出汁の風味がしますね。





RIMG0480.jpg

もちろんスープも完食!





RIMG0466.jpg

ご馳走様でした。

nice!(70)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「餃子」でシャンパン! [グルメ]

RIMG0440.jpg









RIMG0415.jpg

この日は友人と、3月17日にオープンした、代々木にある“ほぼ新宿のれん街”にお邪魔しました。
“甘党大王”さまのブログで知って、今回の訪問になりました。
http://amatou-daiou.blog.so-net.ne.jp/2017-03-19-7
情報を有難うございました。





RIMG0414.jpg

お店は、代々木駅の東側、埼京線の踏切を渡って(あるいは東口出口すぐ)、ハンバーガーショップ脇の小路を入ると、すぐ左側、住宅地の中に突然、明るい“のれん街”が見えてきます。
すぐ近くには、ドコモビルが光っていました。





RIMG0411.jpg



RIMG0410.jpg

お店は、い・ろ・は・に・ほ・へ・と、の7店です。






RIMG0417.jpg

それぞれに特徴のある料理のお店ですが、今回は“シャンパンマニア”にお邪魔しました。





RIMG0418.jpg

コンセプトは、“シャンパンと餃子のお店”だそうです。





RIMG0423.jpg

おすすめは、シャンパンのフリーフロー(飲み放題)、5000円だそうです。
飲めるのは90分で、三種類のシャンパンを飲むことができるということで、迷わずお願いしました。





RIMG0428.jpg

まずは、「モエ・エ・シャンドン モエ・アンペリアル」(シャルドネ20~30%、ピノ・ノワール30~40%、ムニエ30~40%)で乾杯です。
(残り少なかったので、まずは乾杯用に少しずつ注いでいただきました。)





RIMG0421.jpg




RIMG0430.jpg

肴は、「蔵王クリームチーズ、蜂蜜添え、クラッカーつき」です。
クリームチーズに蜂蜜、これにシャンパンが合います!





RIMG0434.jpg

次のシャンパンは、「ローラン・ペリエ・ブリュット」(シャルドネ50%、ピノ・ノワール35%、ムニエ15%)です。





RIMG0436.jpg

こちらは、モエシャンよりも、濃い味わいのシャンパンでした。





RIMG0431.jpg

そして、「燻製五種盛り」です。
半熟卵、笹かまぼこ、ベーコン、ししゃも、チーズです。

燻製具合は軽めで、シャンパンに合いますね。





RIMG0437.jpg

そして、おススメの「泡包餃子(にんにくなし)」です。


餃子のソースは6種類あります。




RIMG0439.jpg

自家製バジルソース、自家製胡麻味噌ダレ、馬路村の柚子ソース、ボリビア岩塩、自家製チリオイル、トリュフオイルです。




RIMG0444.jpg

バジルソースが意外とおいしかったです。
餃子は、ニンニクなしでお肉もまろやかなので、シャンパンに良く合います。





RIMG0447.jpg

次のシャンパンは、「グリエ・ブリュット・セレクション」(ピノ・ノワール70%、シャルドネ20%、ムニエ10%)です。





RIMG0448.jpg

こちらは、スッキリとした何杯でもいけそうな危ないシャンパンです。

同じブドウの品種を使っていても、配合や仕込み方で風味が違うものですね。






RIMG0454.jpg

肴は、「砂肝のコンフィ」です。





RIMG0456.jpg



RIMG0458.jpg

歯ごたえも良い美味しい砂肝です。





RIMG0459.jpg

「パテ・ド・カンパーニュ」です。




RIMG0460.jpg

これもシャンパンに合いますね。





RIMG0452.jpg

「フレンチフライ、フレッシュトリュフがけ」です。




RIMG0450.jpg

細いフレンチフライが良いですね。
これもまたシャンパンに合いました。


結局、6~7杯は飲んだと思います。
今回は、3種類の飲み放題でしたが、1本注文して、ほかの飲み物を飲めば、もう少しお安く飲めると思います。




RIMG0443.jpg

シャンパンのメニューを撮り忘れましたが、かなりの数があったので、お好きな方にはお勧めです。

何と、6桁のシャンパンもありました!!!





RIMG0429.jpg

モエ・エ・アンドン(行灯)が素敵でした。

ほかのお店も来てみたいですね。





RIMG0416.jpg

住宅地にあるので、外ではお静かに!


ご馳走様でした。




nice!(79)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「韓流石焼きプルコギ」で一杯! [グルメ]

RIMG0242.jpg









RIMG0260.jpg

この日は、地元の居酒屋“晴れのち晴れ”にお邪魔しました。






RIMG0215.jpg

まずは、「シャリ金黒ホッピー割り」で乾杯です。






RIMG0217.jpg

お通しは、「肉じゃが」、お腹が落ち着きます。





RIMG0218.jpg

肴は、「刺身盛り、ハーフサイズ」です。





RIMG0220.jpg

マグロ赤身、天然鯛、平政





RIMG0222.jpg

鰹塩たたき、炙り帆立、金目鯛です。






RIMG0228.jpg

そして、「モウカザメのハツ刺し、塩入り胡麻油添え」です。





RIMG0225.jpg

まるでレバ刺しのような食感で、塩が入った胡麻油に良く合います。






RIMG0234.jpg

にんにくをつけると旨さが広がります。
臭いますが…。







RIMG0235.jpg

そして、「韓流石焼きプルコギ」です。





L-RIMG0236.jpg
L-RIMG0237.jpg



L-RIMG0238.jpg
L-RIMG0241.jpg

熱々の石焼きで、火傷をしそうです!





RIMG0240.jpg

でも、野菜と肉が旨いですね。





RIMG0244.jpg

お酒が進みます!





RIMG0246.jpg

ここで、シンプルに「チューハイ」です。





RIMG0248.jpg

肴は、以前食べて美味しかったので、「鶏ぶし」を注文です。





RIMG0249.jpg

旨い!
鶏のジャーキー美味しいですね!
クセになる旨さです!





RIMG0256.jpg

〆は、「燻製ミックスナッツ、スモールサイズ」です。
燻製にしたミックスナッツは、美味しいですね!






RIMG0258.jpg

仕上げに「しじみ汁」をいただきました。


ご馳走様でした。


nice!(65)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マルちゃん 正麺「旨こく豚骨醤油」を食す! [グルメ]

s-RIMG9415(小).jpg

2017年3月6日発売のマルちゃん 正麺「旨こく豚骨醤油 自家製だし仕込み」をスーパーで見つけて購入しました。




s-RIMG9421(小).jpg



s-RIMG9423(小).jpg

上蓋を開け、粉末スープ、液体スープ、かやくを取り出します。





s-RIMG9426(小).jpg

かやくを麺の上に乗せます。
かやくは、焼豚、なると、ネギというシンプルな構成です。


お湯をいてれ5分+1分待ちます。





s-RIMG9427(小).jpg

まずは、麺をほぐします。





s-RIMG9430(小).jpg

そして、粉末スープを入れ、液体スープを入れると完成です。




s-RIMG9431(小).jpg

まずは、スープを一口すすります。
まるい味わいの豚骨醤油のスープが美味しいです。
コクがあるという感じですね。





s-RIMG9433(小).jpg

麺はモチモチ、正麺らしい美味しい麺です。
スッキリスープも良いですが、たまにコッテリスープも良いですね。




s-RIMG9435(小).jpg

もちろんスープも完食!





s-RIMG9418(小).jpg

ご馳走様でした。
nice!(58)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「酒盗」で一杯! [グルメ]

RIMG0209.jpg









この日は、東武東上線ときわ台駅近くの酒と醸し料理の店“BY"にお邪魔しました。


3、4月は、岐阜県・愛知県のお酒特集です。






RIMG0179.jpg

まずは、岐阜県各務原市の小町酒造「長良川 純米吟醸 直詰 無濾過生原酒 山田錦50%精米」です。





RIMG0178.jpg

香りが高く、米の甘味と爽やかな酸味がスッーと喉を過ぎていきます。


肴は、「おつまみ小鉢」三品セットです。







RIMG0182.jpg

一品目は、「秩父おなめ きゅうり添え」です。






RIMG0183.jpg

良い塩梅の麦味噌で、ナスと生姜入り、きゅうりに乗せていただきます。

いきなり酒が進みます。






RIMG0190.jpg

「鶏手羽の南蛮煮」です。





RIMG0192.jpg

軟骨もかじってしまいました。





RIMG0198.jpg

「こうなごとクルミの醤油麹田作り」です。
甘塩っぱく、クルミが香ばしくて美味しいです。







RIMG0186.jpg

岐阜県中津川市の三千櫻酒造「三千櫻 純米 五百万石 60%精米」です。






RIMG0185.jpg

香りは抑え目で、ドライな酸味を感じる落ち着いた味わいのお酒です。






RIMG0201.jpg

愛知県愛西市の山忠本家酒造「義侠 はるか 純米酒 山田錦 60%精米」です。






RIMG0200.jpg

義侠にしては飲みやすい、まろやかなお酒です。






RIMG0204.jpg

愛知県稲沢市の藤市酒造「菊鷹 雌伏 山廃 純米 麹米:山田錦、五百万石、掛米:五百万石、 60%精米 火入れ」です。






RIMG0203.jpg

爽やかな米の甘さ、後に感じる酸味、バランスの良いお酒です。






RIMG0208.jpg

〆の肴は、「酒盗」です。
ちょっとお洒落な器に入れられて登場です。






RIMG0210.jpg

チビチビと舐めるようにつまみます。






RIMG0212.jpg

お酒は、香川県仲多度郡琴平町の西野金陵株式会社「金陵 濃醇純米 オオセト 70%精米」です。





RIMG0211.jpg

コメの味と旨みを感じられるお酒です。


ご馳走様でした。






nice!(65)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理