So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ダチョウの「フィレ肉ロースト」で一杯! [グルメ]

RIMG6985-1.jpg









RIMG6973.jpg

この日は、小田急線・東京メトロ千代田線の代々木上原駅近くにあるBeer Republic“THE GRUB”にお邪魔しました。





RIMG6974.jpg



RIMG6987.jpg

まずは、4つのゲストタップからチョイスです。





RIMG6976-1.jpg

イギリス・スコットランド生まれのブルュードッグ「パンクIPA」(6度)です。
大量のホップが効いたIPAらしい苦味に、フルーティーな香りが加わって美味しい一杯です。





RIMG6980-1.jpg

肴は、「自家製ザワークラウト」です。
スパイシーな香り、ほのかにクミンの風味がしました。







RIMG6981-1.jpg

メインは、栃木県小山市にある小山だちょう園の「ダチョウのフィレ肉ロースト、季節野菜添え」です。





RIMG6983-1.jpg

お肉を食べたかったので、メニューを物色していたらダチョウのフィレ肉を発見!
ダチョウは食べたことがなかったので、注文しました。





RIMG6986-1.jpg

赤身肉に塩を付けていただきました。
しっかりとした噛みごたえ、でも、肉自体のクセはなく、美味しいお肉です。
赤身の肉は、鶏ではありませんね。





RIMG6984-1.jpg

つけ合わせの野菜も甘くて旨かったです。





RIMG6982-1.jpg

ダチョウの肉は、低カロリー、低脂肪、低コレステロールで鉄分も多いそうです。
また、筋肉維持に不可欠なクレアチンや脂肪燃焼を促すカルニチンも豊富だと言うことです。
高齢者の運動能力の改善でも注目されているそうです。






RIMG6989-1.jpg

次のビールは、神奈川県厚木市のサンクトガーレン、2017年限定フレーバー「セサミチョトレートスタウト」です。
黒ごまの香りと味にチョトレートのほんのりとした甘味が加わったスタウト。
和テイストの旨いビールです!





RIMG6992-1.jpg

肴は、定番の「ミックスナッツ」です。





RIMG6993-1.jpg

〆は、「ジャックダニエル」のオンザロックです。
テネシーも美味しいですね。


ご馳走様でした。



nice!(82)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「“のれそれ”ポン酢」で一杯! [グルメ]

RIMG6953.jpg








この日は、池袋にある“万事快調”にお邪魔しました。
と言っても、風邪がまだ治りきっていなかったので、万事快調とはいきませんでしたが…。
食欲があまり無い状態が続いていましたが、飲み会には参加です(笑)。






RIMG6935.jpg

まずは、神奈川川崎市高津区久地のブリマーブルーイングの「ポーター」です。
まろやかな味わいの黒ビールです。チョコレートの風味もほのかに感じられます。






RIMG6936.jpg

お通しは、「茶碗蒸し」、みぞれも降って寒かったので、お腹の中から暖まりました。





RIMG6937.jpg

肴は、「馬刀貝(まてがい)の酒蒸し」です。





RIMG6948.jpg

貝の旨みをたっぷりと味わえます。





RIMG6944.jpg

自家製イカの蒲鉾」です。





RIMG6949.jpg

内臓などをミンチにして身の中に入れて蒸し上げた肴ですね。





RIMG6945.jpg

生姜醤油でいただきます。





RIMG6941.jpg

「牡蠣の揚げ出し」です。





RIMG6942.jpg

出汁は揚げ出しで牡蠣の旨味が閉じこめられています。






RIMG6958.jpg

「鰤大根」です。





RIMG6959.jpg

小生はお腹が膨れてきたのでパスしましたが、調子が良い時に食べたいです。





RIMG6951.jpg

「“のれそれ”ポン酢」です。
言わずと知れた「穴子の稚魚」です。





RIMG6962.jpg

一匹(本?)だけ見ると、あまり良い印象がしませんね(苦笑)。







RIMG6961.jpg

この独特な姿に、ツルッとした食感がたまりません。






RIMG6960.jpg

ここで熱燗をいただきました。
兵庫県姫路市の下村酒造店「奥播磨 袋しぼり 純米 山田錦 55%精米」です。



この身体には、日本酒はまだ早そうだったので、ビールで攻めることにします。






RIMG6964.jpg

静岡県沼津市のベアードビール「1年熟成 頑固オヤジのバーレーワイン」というビールです。
11度という高い度数なので、ゆっくりと味わえるビールです。
甘みも苦みも、まろやかさも、バランスの取れたビールです。
好きなビールです。





RIMG6967.jpg

そして、「鴨と野菜の朴葉焼き」です。
味噌が旨いです。





RIMG6968.jpg

調子が良ければ、味噌をなめながら日本酒を飲みたいところです。





RIMG6969.jpg

そして、「鯨の竜田揚げ」です。





RIMG6970.jpg

意外と柔らかい鯨肉、マヨネーズが合いますね。


すべて、体調が今ひとつで、少しずつしか食べられませんでしたが、楽しい時間でした。




RIMG6963.jpg

ご馳走様でした。

nice!(96)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「胡麻豆腐の揚げ出し」で一杯! [グルメ]

RIMG6925.jpg








RIMG6932.jpg

この日は、地元の居酒屋“晴れのち晴れ”にお邪魔しました。


夕方からグッと冷え込んできたので、お酒はいきなり熱燗です。





RIMG6916.jpg

神奈川県足柄上郡山北町の「丹沢山 秀峰」の熱燗です。
寒い夜には良いですね。
胃の腑から暖まります。


ただ、この寒さは、気温の事だけではありませんでした。






RIMG6917.jpg

お通しは、「鰤の唐揚げの照り焼き」です。




RIMG6918.jpg

お通しではもったいないくらいの肴です。






RIMG6920.jpg

ちょっと食欲がなかったので、肴は「おばんざい三品」にしました。






RIMG6921.jpg

左から、「オレンジ白菜の柚子胡椒和え」です。
マヨネーズと柚子胡椒が良い具合にあっています。





RIMG6922.jpg

「鶏ささみとメンマの食べラー油和え」です。
柔らかいささみとコリッとしたメンマが美味しいです。





RIMG6923.jpg

「小松菜の胡麻和え」です。
優しい胡麻の甘さが美味しいです。






RIMG6924.jpg

メインは、「胡麻豆腐の揚げ出し、ハーフサイズ」です。





RIMG6927.jpg

見た目は分かりませんが、食べるとしっかりと胡麻豆腐です。





RIMG6930.jpg

ふつうの揚げ出し豆腐とは違って、舌触りはモチッとしています。





RIMG6931.jpg

胡麻豆腐らしく、やや甘めですが、出汁とのマッチングは良いですね。

ご馳走様でした。

(どうも調子が悪かったのですが、やはり翌朝、熱が出ました。この時、妻も同時に同じような症状にかかっていたので、一緒に医者へ行って確認したところ、インフルエンザではなかったのでホッとしました。
会社を2日間休みました。皆さまも風邪にお気を付けください。)

nice!(73)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

〆のデザートは、「あまおうイチゴパフェ」! [グルメ]

RIMG6887.jpg








この日は、地元の居酒屋日本海庄や”にお邪魔しました。




RIMG6851.jpg

まずは、「黒ホッピー」割りで乾杯です。




RIMG6853.jpg

お通しは、「魚の唐揚げ、みぞれポン酢」です。





RIMG6849.jpg

肴は、“旬のおすすめ”から選びます。




RIMG6854.jpg

肴は、「鯖刺身」です。




RIMG6856.jpg



RIMG6860.jpg

甘味があって、トロッと脂ののった鯖です。
旨い!





RIMG6863.jpg

そして、「大粒牡蠣と冬葱の味噌焼き」です。




RIMG6864.jpg



RIMG6866.jpg

味噌はあまり濃くなく、身は大ぶり、プリッとして美味しいです。





RIMG6871.jpg

「焼き空豆」です。




RIMG6875.jpg



RIMG6877.jpg

甘みのある豆が美味しいです。





RIMG6880.jpg

「イワシの梅巻き揚げ」です。
サバに続いて、イワシです。





RIMG6881.jpg

青魚つながりでおいしくいただきました。
梅干の味が良いですね。




RIMG6884.jpg

飲み物は、「角ハイボール」です。






RIMG6886.jpg

〆のデザートは、「あまおうイチゴパフェ」です。





RIMG6885.jpg

イチゴのアイスはそこそこですが、イチゴが良いですね!




RIMG6888.jpg

下のコーンフレークが旨かったです!

ご馳走様でした。




nice!(80)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

明星「ぶぶか 醤油豚骨らーめん」を食す! [グルメ]

RIMG9316.jpg

2017年1月30日発売の明星「ぶぶか 醤油豚骨らーめん」をスーパーで見つけて購入しました。





RIMG9319.jpg

東京・吉祥寺のらーめん専門店「ぶぶか」とのコラボ商品です。
1995年の開店当時から、“油そば”と“とんこつラーメン”の二枚看板のお店だそうです。





RIMG9318.jpg

まずは、液体スープを上蓋からはずし、めくります。





RIMG9320.jpg

ダイス肉、キャベツ、卵、ネギがタップリです。




RIMG9321.jpg

お湯を注いで5分+1分待ちます。





RIMG9322.jpg

良くかき混ぜて、濃厚ダレを追加して完成です。





RIMG9324.jpg

スープは、まろやかで濃厚な醤油とんこつスープです。





RIMG9325.jpg

と言って、しつこくなく美味しいスープだと思います。






RIMG9328.jpg

麺は、しっかりとしたモチモチ感のある中太麺で、スープが良く絡みます。





RIMG9329.jpg

途中で、妻が食べていたうどんから、トロッとした餅をもらって投入です。
これも愛嬌、美味しくいただきました。





RIMG9330.jpg

もちろん、スープも完食!





RIMG9317.jpg

ご馳走様でした。
nice!(83)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

エースコック「トリまみれの濃厚鶏そば」を食す! [グルメ]

気がついたら40,000niceを超えていました。ご訪問、有り難うございます。
これからもお暇があったら、ご訪問ください。
よろしくお願いいたします。



RIMG6891.jpg

スーパーで、2017年1月2日発売のエースコック「トリまみれの濃厚鶏そば」を見つけて購入しました。






RIMG6894.jpg

酉年に因んだカップ麺です。




RIMG6892.jpg

“トリまみれ”が良いですね。


上蓋をめくります。






RIMG6900.jpg

かやくと粉末スープ、特製ペースト取り出します。





RIMG6899.jpg

麺は、丸刃のノンフライ麺です。






RIMG6903.jpg

かやくを麺の上にのせ、お湯を入れて4分+1分待ちます。






RIMG6904.jpg

まずは麺を良くかき回します。






RIMG6907.jpg

そして、粉末スープと特製スープを入れて、かき混ぜて完成です。
スープは、「ぼんじりペースト入り特製スープ」のためか、トロッとしたスープで、
コクがあります。





RIMG6914.jpg

鶏の風味が感じられるスープに鶏肉のそぼろ、鶏団子、まさに“トリまみれ”のカップ麺です。






RIMG6908.jpg

生姜やニンニク、唐辛子などの香辛料が利いいて、美味しいのですが、個人的にはもう一つパンチが欲しいと思いました。






RIMG6915.jpg

それでもスープは完食!


ご馳走様でした。




nice!(59)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「クワトロ・フォルマッジョ」で一杯! [グルメ]

RIMG6841.jpg








RIMG6813.jpg




RIMG6812.jpg

この日は、池袋にある、なかなか予約が取れないと友人が言っていた“イタリアンバルUOKIN池袋”の予約が取れたので、4人で出かけてきました。





RIMG6814-1.jpg

19時半頃は、ちょうど入れ替わり(17:00-19:30、19:45-22:15の時間制)の時間だったので空いていましたが、あっという間に混んでしまい、満席でした。



まずは、ワインを注文です。





RIMG6816.jpg



RIMG6818.jpg

イタリアのCASAMATTAのビアンコ(白)、品種はヴェルメンティーノです。
フルーティでスッキリと飲みやすい白ワインです。





RIMG6819.jpg

肴は、「海の幸のカルパッチョ」です。
生牡蠣、真鯛(愛媛)、オーロラサーモン(ノルウェー)、鰤(長崎)、活タコ(北海道)、マグロという魚でした。





RIMG6821.jpg



RIMG6824.jpg

魚金だけあって、お魚が充実です。





RIMG6822.jpg

ワカサギのフリット」です。




RIMG6823.jpg

香りが良く、まるでシシャモのように太ったワカサギでした。





RIMG6825.jpg

そして、「鶏白レバーとフォアグラのクロスティーニ」です。





RIMG6829.jpg

トロッと美味しいクロスティーニ(アンティパスト)でした。



ここで遅れていたお通し(4人分)が到着です。






RIMG6827.jpg

ボリュームタップリのバケットとパンです。





RIMG6828.jpg

特製のオリーブオイルでいただきます。



白ワインが空いたので、赤ワインです。






RIMG6832.jpg

これも同じCASAMATTAのロッソ(赤)、品種はサンジョベーゼです。
タンニンの苦みがない、飲みやすい赤ワインです。
小生には良いのですが、赤ワイン好きには物足りないようです。






RIMG6833.jpg

次は、「くんちゃまベーコンとゴロゴロ野菜のサラダ仕立て」です。





RIMG6834.jpg



RIMG6836.jpg

野菜に粉チーズがタップリ、美味しいです。



そして、ピッツァを注文です。





RIMG6838.jpg

「クワトロ・フォルマッジョ」です。





RIMG6839.jpg

モッツァレッラ、パルミジャーノ、ゴルゴンゾーラ、タレッジォの4種類のチーズのピッツァです。





RIMG6842.jpg

蜂蜜をかけていただきます。
旨い!!!






RIMG6844.jpg

〆のデザートは「ティラミス」です。





RIMG6846.jpg

もう少し、スポンジがシットリとしている方が好みですが、まずまずの味でした。



飲み物は、グラッパにしたかったのですが、無いと言うことでジムビームに変更です。
店員さん(アルバイト?)に、『グラッパはあるか』と聞いたら、分からないようでした( ̄0 ̄)。
そこで、ジムビームのオンザロックを頼んだのですが、メニューには、ジムビームのハイボールやカクテルしか書いていなかったので、確認してもらって、やっとオンザロックが通りました。






RIMG6843.jpg

美味しかったのですが、飲み物で残念でした。

イタリアンバルなので、グラッパは欲しかったです。


ご馳走様でした。





nice!(80)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「黒ニンニクのせクリームチーズ」で一杯! [グルメ]

RIMG6799.jpg








RIMG6759.jpg

この日は、東武東上線常盤台駅近くの酒と醸し料理のお店“BY”にお邪魔しました。


いきなり日本酒です。





RIMG6762.jpg

東京都東村山市の豊島屋酒造「屋の守 仕込み四号 純米無濾過生酒 荒責 八反錦 50%精米」です。






RIMG6761.jpg

口の中で滑らかな印象で、八反錦の酸味と米の甘味が旨いお酒です。
「荒責」とは、絞り始めの「荒しばり」と絞り最後の「責め」の部分をブレンドしたお酒です。



肴は、「おつまみ小鉢 三品」です。





RIMG6764.jpg

「キャベツとセロリの甘酢漬け」です。
シャキシャキとサッパリとした甘酢が旨い!






RIMG6767.jpg

「鶏レバーの味噌オイル漬け」です。
オイリーなレバーが旨いです。






RIMG6768.jpg

「シラス乗せほうれん草」です。





RIMG6770.jpg

ポン酢でスッキリ、シャキシャキです。





RIMG6773.jpg

山口県萩市の岩崎酒造「長陽福娘 山田錦 純米無濾過生酒 60%精米」です。







RIMG6772.jpg

爽やかな甘みと酸味を感じるスッキリとしたお酒です。





RIMG6777.jpg

長野県北安曇郡池田町の大雪渓酒造「大雪渓 特別純米 無濾過生原酒 槽場詰め ひとごこち 59%精米」です。





RIMG6776.jpg

フルーティでスッキリとした甘みと酸味を感じるお酒です。






RIMG6784.jpg

次の肴は、「豚しゃぶと菜の花のサラダ、黒ごまポン酢がけ」です。





RIMG6785.jpg

ボリュームたっぷりのサラダです。
黒ごまポン酢が美味しいです。





RIMG6787.jpg

次のお酒は、静岡県掛川市の土井酒造場「「開運 無濾過 純米 生酒 赤磐雄町55%精米」です。





RIMG6786.jpg

甘みと酸味のバランスが美味しいお酒です。






RIMG6791.jpg

次は、鳥取県八頭郡若桜町の太田酒造場「弁天娘 純米酒 27BY 2番娘 自社栽培 五百万石 75%精米」です。





RIMG6790.jpg

コクがあり、米の旨みを感じさせるお酒です。すべてのお酒に○番娘とついています。





RIMG6797.jpg

肴は、「青森県 黒ニンニクのせクリームチーズ」です。
黒ニンニクが旨い!





RIMG6800.jpg

ビスケットにクリームチーズと黒にんにく、オレンジピール(?)を添えていただきます。
全体のバランスが合いますね。





RIMG6804.jpg

香りも味わいも旨いです。





RIMG6806.jpg




RIMG6805.jpg

〆は、宮崎県児湯郡木城町の尾鈴山蒸留所、芋焼酎「山猫」のオンザロックです。





RIMG6808.jpg

そして、デザートの「“かたい”プリン」です。





RIMG6809.jpg




RIMG6810.jpg

箸でもてるくらいのしっかりとした噛み応えと弾力のプリンです。


ご馳走さまでした。



nice!(83)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「特製ジンギスカン鉄板焼き」で一杯! [グルメ]

RIMG6755.jpg










この日は、地元の居酒屋日本海庄や”にお邪魔しました。





RIMG6739.jpg

まずは、「黒ホッピー」割りで乾杯です。





RIMG6740.jpg

お通しは、「菜の花の胡麻和え」です。
白胡麻の甘味にホッとします。





RIMG6741.jpg

肴は、千葉県産の「スズキの薄造り」です。





RIMG6744.jpg

旬のスズキ、モチッとした食感、甘味のある身が美味しいです。





RIMG6746.jpg



RIMG6748.jpg

そして、「カジカ(ゴリ)の唐揚げ」、おろしポン酢でいただきます。





RIMG6750.jpg

もう少し小ぶりな印象だったのですが、大きくてビックリです。
ゴリとも呼ばれるそうですが、金沢のゴリはもっと小さいですね。





RIMG6752.jpg

さすがに骨は硬くて食べられませんでしたが、骨についた身もしゃぶるようにいただきました。





RIMG6757.jpg

メインは、「特製ジンギスカン鉄板焼き」です。





RIMG6756.jpg

濃い味付けで、マトンが噛みごたえもあって旨いです!





RIMG6754.jpg

ボリュームたっぷり、満足です。


ご馳走様でした。





nice!(78)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「自家製唐墨」で一杯! [グルメ]

RIMG6713.jpg








RIMG6676.jpg



RIMG6677.jpg

この日は、池袋にある“万事快調”にお邪魔しました。






RIMG6681.jpg

まずは、クラフトビールから。





RIMG6680.jpg

まずは、グルードから。
栃木県下野市のうしとらブルワリー「若起狂宴」、ホップの入っていないビールです。
様々なスパイスを入れて作ったらしく、スパイシーで生姜の風味がした、軽いアルコール飲料という雰囲気のぼビールですね。
樽の最後だったので、半分くらいしかありませんでした。





RIMG6682.jpg

お通しは、「茶碗蒸し」です。





RIMG6684.jpg

と言うことで、仕切り直しは、湘南ビールの「IPAエキノックス」です。
ホップの苦味の効いたIPAらしいビールですね。





RIMG6685.jpg

肴は、「なまこポン酢」です。




RIMG6687.jpg

程よい固さで、コリコリっと旨いです。





RIMG6688.jpg

そして、「穴子の白焼き」です。




RIMG6691.jpg



RIMG6693.jpg

身がほっこりとしていて、ワサビでいただきます。

旨い!


やはり、日本酒ですね。





RIMG6694.jpg

神奈川県足柄上郡山北町の川西屋酒造店「隆 純米吟醸 足柄産若水55%精米」の冷酒、19度です。
スッキリとした米の甘さがサッーと流れていく飲み口です。






RIMG6700.jpg

次は大阪府豊能郡能勢町の秋鹿酒造「奥鹿 山廃 山田錦60%精米 無濾過生原酒」の燗酒、17度です。
山田錦らしさを残しながらも、酸味を感じさせる燗酒です。
常温では、米の甘味を感じる円い味わいです。
好みです!





RIMG6702.jpg

肴は、「自家製おつまみ油揚げ」です。





RIMG6705.jpg

周りはカリカリ、中身はシットリとした豆腐で美味しいです。
まさに、酒の肴です!





RIMG6709.jpg

お酒は、兵庫県姫路市の下村酒造店「白影泉 純米 7号 山田錦60%精米」の燗酒、17度です。
濃厚な旨味と酸味を感じるお酒です。





RIMG6714.jpg

〆は、「自家製唐墨」を二枚!
トロッと濃厚なボラの卵、酒の肴に最高ですね。




RIMG6717.jpg

チビリチビリかじりながらお酒を飲む!
至福の時です!





RIMG6718.jpg

そこで、京都府京丹後市の木下酒造「玉川 自然仕込み 純米酒 山廃 雄町 66%精米 無濾過生原酒」の常温、19度です。
濃厚な旨味と甘味を伴った酸味が旨いお酒です。

今宵も満足!

ご馳走様でした。


nice!(79)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -